全米ビルボード最新チャート 2021-01-23

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はカントリー、Morgan Wallen「Dangerous」。265,000 units。彼にとって初となるNo.1アルバムとなった。2位は先週の1位から後退したTaylor Swift「Evermore」。55,000 units。3位は先週と変わらずPop Smoke「Shoot for the Stars Aim for the Moon」。47,000 units。
4位初登場はR&B、Jazmine Sullivan「Heaux Tales」。43,000 units。6位は先週の14位からTop10 Re-EntryのThe Weeknd「After Hours」。35,000 units。
11位以下で気になったものとしては、15位初登場のポップ、Barry Gibb「Barry Gibb & Friends: Greenfields: The Gibb Brothers Songbook, Vol. I」など。

 

シングルチャート:
今週の1位はなんと初登場となるOlivia Rodrigo「Drivers License」。「High School Musical:The Musical」で主役を務めるなど女優として大活躍の現在17歳の彼女であるが、今回シンガーソングライターとして音楽でも鮮烈デビューを果たした。2位は先週の1位から後退した24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。3位も先週の2位からワンランクダウンのAriana Grande「Positions」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のDua Lipa Featuring DaBaby「Levitating」、先週9位今週8位のAJR「Bang!」、9位初登場のMorgan Wallen「Wasted On You」、先週23位今週10位のSZA「Good Days」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週18位今週12位のJustin Bieber & benny blanco「Lonely」、先週27位今週16位のMorgan Wallen「More Than My Hometown」、先週53位今週18位のMorgan Wallen「7 Summers」、先週46位今週21位のThe Weeknd「Save Your Tears」、先週81位今週26位のMorgan Wallen「Somebody's Problem」、32位初登場のMorgan Wallen「Sand In My Boots」、先週40位今週33位のTate McRae「You Broke Me First.」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2021-01-16

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は無しだった。1位は先週の2位から首位に返り咲いたTaylor Swift「Evermore」。56,000 units。首位は通算3週目。2位も先週の3位からワンランクアップのLil Durk「The Voice」。48,000 units。3位も先週の4位から順位を上げたPop Smoke「Shoot for the Stars, Aim for the Moon」。44,000 units。
11位以下で気になったものは特になし。

 

シングルチャート:
今週の1位は先週と変わらず24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。1位は通算5週目。2位Ariana Grande「Positions」、3位The Weeknd「Blinding Lights」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のChris Brown & Young Thug「Go Crazy」、6位初登場のJustin Bieber「Anyone」、先週10位今週7位のDua Lipa Featuring DaBaby「Levitating」、先週11位今週9位のAJR「Bang!」の4曲。
今週9位のAJR「Bang!」、彼らにとって初となるTop10ヒットとなった。NY出身の3人兄弟で構成されるポップバンドで、バンド名はそれぞれの名前、Adam、Jack、Ryanの頭文字を取ったもの。
11位以下で気になったものとしては、先週19位今週13位のAriana Grande「34+35」、先週18位今週14位のBillie Eilish「Therefore I Am」、先週24位今週19位のLuke Combs「Better Together」、先週38位今週23位のSZA「Good Days」、先週37位今週28位のDan + Shay「I Should Probably Go To Bed」、先週32位今週29位のEd Sheeran「Afterglow」、先週42位今週32位のBlake Shelton Featuring Gwen Stefani「Happy Anywhere」、先週52位今週33位のLady A「Champagne Night」、先週40位今週36位のParker McCollum「Pretty Heart」、先週46位今週39位のSam Smith「Diamonds」、先週51位今週40位のTate McRae「You Broke Me First.」など。
今週33位のLady A「Champagne Night」、誰かと思ったらLady Antebellumが昨年バンド名を変えたとのことだ。

|

全米ビルボード最新チャート 2021-01-09

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はヒップホップ、Playboi Carti「Whole Lotta Red」。100,000 units。2位は先週の1位から後退したTaylor Swift「Evermore」。71,000 units。3位は先週の46位から一気に上がってきたLil Durk「The Voice」。66,000 units。先週のチャートではリリース日の関係で1日分しかカウントされなかったため。
4位は先週の11位から上がってきたPop Smoke「Shoot for the Stars Aim for the Moon」。46,000 units。5位も先週の14位からTop10に戻ってきたAriana Grande「Positions」。38,000 units。7位も先週の17位からTop10 Re-EntryのMegan Thee Stallion「Good News」。34,000 units。8位も先週の19位から上がってきたLuke Combs「What You See Is What You Get 」。34,000 units。9位も先週16位だったBad Bunny「El Ultimo Tour del Mundo」。34,000 units。先週まで上位を席捲していたホリデーアルバムが軒並み順位を大きく下げ、やっと通常のチャートに戻った。

シングルチャート:
今週の1位は先週の7位から再び首位に立った24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。1位は通算4週目。2位も先週の14位から上がってきたAriana Grande「Positions」。3位はRe-EntryのThe Weeknd「Blinding Lights」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週21位今週4位のJustin Bieber Featuring Chance The Rapper「Holy」、先週44位今週5位のBTS「Dynamite」、先週24位今週6位のChris Brown & Young Thug「Go Crazy」、先週25位今週7位のDrake Featuring Lil Durk「
Laugh Now Cry Later」、先週30位今週8位のGabby Barrett Featuring Charlie Puth「I Hope」、先週27位今週10位のDua Lipa Featuring DaBaby「Levitating」の6曲。
11位以下で気になったものとしては、先週37位今週11位のAJR「Bang!」、先週41位今週16位のAva Max「Kings & Queens」、先週57位今週24位のLuke Combs「Better Together」、38位初登場のSZA「Good Days」など。
Hot100でもクリスマスソングがほぼ一掃されたことでいつものチャートに戻ったようでうれしい。

|

全米ビルボード最新チャート 2021-01-02

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位は先週に続いて2週連続となるTaylor Swift「Evermore」。169,000 units。2位初登場はロック、Paul McCartney「McCartney III 」。107,000 units。Wingsとソロ合わせて21枚目となるTop10アルバムとなったほか、過去6 decade(’70s〜’20s)でTop2入りした初のアーティストともなった。3位は先週の199位からTop3 Re-EntryのEminem「Music to Be Murdered By」。16曲が追加されたデラックス盤の突然のリリースによるもの。
5位は先週の10位から上がってきたMariah Carey「Merry Christmas」。60,000 units。6芋先週の8位から順位を上げたNat King Cole「The Christmas Song」。60,000 units。9位は先週の13位からTop10に戻ってきたPentatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。51,000 units。10位は先週の12位から初のTop10入りとなったVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」。50,000 units。
今週のTop10はなんと6枚がホリデーアルバムで占められることとなった。ただし来週はさすがに皆圏外に去って行きそう。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週12位のVarious Artists「A Christmas Gift For You From Phil Spector」、先週23位今週15位のBing Crosby「The Best Of Bing Crosby: 20th Century Masters: The Christmas Collection」、先週24位今週18位のPerry Como「The Classic Christmas Album」、56位初登場のメキシカン、Eslabon Armado「Corta Venas」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から再び首位に立ったMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。1位は通算5週目。2位は先週の3位からワンランクアップのBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」。3位も先週の4位からTop3入りしたBobby Helms「Jingle Bell Rock」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週4位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週7位今週5位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週10位今週6位のJose Feliciano「Feliz Navidad」、先週11位今週8位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、先週14位今週9位のWham!「Last Christmas」、先週29位今週10位のChuck Berry「Run Rudolph Run」の6曲。
なんと7位の24kGoldn Featuring iann dior「Mood」以外、全てクリスマスソングで占められてしまった。しかも皆、何十年も前の曲ばかり。しかも揃って過去チャート最高位と来たものだ。本当に今USではこんな古い曲ばかり聴いているのか?。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週11位のNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」、先週28位今週12位のKelly Clarkson「Underneath The Tree」、先週19位今週13位のThe Ronettes「Sleigh Ride」、先週32位今週17位のAriana Grande「Santa Tell Me」、33位Re-EntryのElvis Presley「Blue Christmas」など。
Hot100ももしかして半分がクリスマスソングで占められているかも。来週はやっと通常チャートに戻りそうでうれしい。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-12-26

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はポップ、Taylor Swift「Evermore」。329,000 units。突然にリリースされたTaylor Swiftの新作であるが、圧倒的な強さを発揮して彼女にとって8枚連続となるNo.1アルバムに輝いた。彼女のオリジナルアルバムで唯一No.1を逃したのはデビューアルバムの最高位5位。なおNo.1アルバム数で彼女の上にいるのはBarbra Streisandの11枚のみ。そして歴代最多は The Beatlesの19枚。2位初登場はヒップホップ、Kid Cudi「Man on the Moon III: The Chosen」。144,000 units。3位は先週の11位から上がってきたTaylorw Swift「Folklore」。133,000 units。女性アーティストがTop3に2枚のアルバムがチャートインするのは歴代初となる。
5位初登場はヒップホップ、Jack Harlow「Thats What They All Say」。51,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週14位今週12位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、先週36位今週30位のElvis Presley「The Classic Christmas Album」、33位Re-EntryのSturgill Simpson「Cuttin' Grass, Vol. 1: The Butcher Shoppe Sessions」、127位初登場のブルーグラス、Sturgill Simpson「Cuttin' Grass, Vol. 2: The Cowboy Arms Sessions」など。

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるTaylor Swift「Willow」。2位は先週の1位から後退したMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。3位は先週と変わらずBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」、先週14位今週6位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週24位今週9位のBTS「Dynamite」の3曲。クリスマス旋風も今週がラストで来週からは通常チャートに戻りそう。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週11位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、先週35位今週12位のPerry Como And The Fontane Sisters With Mitchell Ayres And His Orchestra「It's Beginning To Look A Lot Like Christmas」、21位初登場のTaylor Swift「Champagne Problems」、先週39位今週32位のAriana Grande「Santa Tell Me」、34位初登場のTaylor Swift Featuring HAIM「No Body, No Crime」、39位初登場のTaylor Swift「'Tis The Damn Season」、40位初登場のTaylor Swift「Gold Rush」など。
全部は紹介しないがTaylor Swiftの最新アルバム「Evermore」の全15曲がHot100に初登場している。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-12-19

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚のみだった。1位初登場はポップ、Shawn Mendes「Wonder」。89,000 units。これで彼のフルアルバムは4枚とも全てNo.1デビューしたことになる。2位は先週の1位から後退したBad Bunny「El Ultimo Tour del Mundo」。57,000 units。3位は先週の4位からワンランクアップのAriana Grande「Positions」。55,000 units。
4位は先週の6位から順位を上げたMichael Bublé「Christmas」。55,000 units。5位も先週の9位から上がってチャート最高位を記録したCarrie Underwood「My Gift」。53,000 units。7位も先週の12位からTop10に入ってきたNat King Cole「The Christmas Song」。42,000 units。8位も先週の16位からTop10 Re-EntryのPentatonix「The Best of Pentatonix Christmas」。39,000 units。10位も先週の15位からTop10 Re-EntryのMariah Carey「Merry Christmas」。38,000 units。季節柄Top10内に新旧のクリスマスアルバムが5枚もランクインしている。
11位以下で気になったものとしては、先週54位今週22位のBing Crosby「The Best Of Bing Crosby: 20th Century Masters: The Christmas Collection」、先週32位今週23位のPentatonix「We Need A Little Christmas」、33位初登場のロック、The White Stripes「The White Stripes Greatest Hits」、72位初登場のK-ポップ、TWICE「Eyes Wide Open: The 2nd Full Album」、75位初登場のロック、YUNGBLUD「Weird!」、100位初登場のホリデーアルバム、Mariah Carey「Mariah Carey's Magical Christmas Special (Soundtrack)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から再び首位に戻ってきたMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。昨年もこの時期に1位を獲得しており、本当に驚異的なヒット曲である。2位は先週の1位から後退した24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。3位は先週の4位からTop3入りしたBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」。Top3に懐かしのクリスマスソングが2曲も入るなんて。
以下10位内で順位を上げているのは、先週9位今週5位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」、先週12位今週6位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週11位今週7位のThe Weeknd「Blinding Lights」、先週16位今週10位のJose Feliciano「Feliz Navidad」の4曲。なんとTop10も半分の5曲がクリスマスソング!。しかもホセ・フェリシアーはこの曲が彼にとって2曲目となるTop10ヒットとなった。その前のTop10ヒットは1968年の「Light My Fire」の3位なので、Top10はなんと52年ぶりのこと。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週11位のWham!「Last Christmas」、先週24位今週14位のBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週22位今週15位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、39位Re-EntryのAriana Grande「Santa Tell Me」、40位Re-EntryのChuck Berry「Run Rudolph Run」など。
本当にクリスマスソングだらけ。果たして来週はTop10が全てクリスマスソングで独占されるのか?。

|

全米Billboard Year End Chart 2020

全米ビルボードの2020年の年間チャート(Year End Chart)が発表されていた。集計期間は2019年11月23日から2020年11月14日の間である。

アルバムチャート:Top Billboard 200 Album
1位:Post Malone「Hollywood's Bleeding」
2位:Lil Baby「My Turn」
3位:Roddy Ricch「Please Excuse Me For Being Antisocial」
4位:Harry Styles「Fine Line」
5位:Taylor Swift「Folklore」
6位:Lil Uzi Vert「Eternal Atake」
7位:Pop Smoke「Shoot For The Stars Aim For The Moon」
8位:The Weeknd「After Hours」
9位:Juice WRLD「Legends Never Die」
10位:Luke Combs「What You See Is What You Get」

今年はアルバムチャートの上位3位までが全てヒップホップ、そして女性は5位のTaylor Swiftのみと昨年とは随分と顔ぶれが変わった年となった。昨年に続いて今年もTop10入りしたのはPost MaloneとTaylor Swiftのみ。なおPost Malone「Hollywood's Bleeding」は昨年も9位に入っており、2年連続Top10入りしたアルバムとなった。

シングルチャート:Hot 100 Songs
1位:The Weeknd「Blinding Lights」
2位:Post Malone「Circles」
3位:Roddy Ricch「The Box」
4位:Dua Lipa「Don't Start Now」
5位:DaBaby Featuring Roddy Ricch「Rockstar」
6位:Harry Styles「Adore You」
7位:Future Featuring Drake「Life Is Good」
8位:Maroon 5「Memories」
9位:Maren Morris「The Bones」
10位:Lewis Capaldi「Someone You Loved」

The Weeknd「Blinding Lights」は5週1位だったが、その後も5位位内に留まること通算28週は歴代最長となるもので、今年を代表する1曲となった。それだけに先日発表されたグラーミー賞ノミネートに彼が一つも選ばれなかったのは、彼自身も疑問の声を上げているが私もなぜ?と思う。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-12-12

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はラテンポップ、Bad Bunny「El Ultimo Tour del Mundo」。116,000 units。今年1月に2位を記録した「YHLQMDLG」に続くアルバムで、No.1は始めてとなる。またフルスパニッシュアルバムでのNo.1も史上初となるもの。2位初登場はポップ、Miley Cyrus「Plastic Hearts」。60,000 units。5年ぶりとなるアルバムであるが、彼女にとって13枚目となるTop10アルバムとなった。3位は先週の1位から後退したBTS「Be」。55,000 units。
6位は先週の13位からTop10に今年も戻ってきたMichael Bublé「Christmas」。48,000 units。2011年の大ヒットアルバムであるが、その後毎年この時期になるとチャートを急上昇している。9位は先週の10位から順位を上げたCarrie Underwood「My Gift」。44,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週30位今週12位のNat King Cole「The Christmas Song」、先週23位今週14位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、先週21位今週15位のMariah Carey「Merry Christmas」、先週28位今週16位のPentatonix「The Best Of Pentatonix Christmas」、先週49位今週22位のVarious Artists「A Christmas Gift For You From Phil Spector」、先週50位今週23位のBing Crosby「Christmas Classics」、先週61位今週28位のFrank Sinatra「Ultimate Christmas」、先週59位今週32位のPentatonix「We Need A Little Christmas」、86位初登場のロック、Smashing Pumpkins「
RCYR」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から首位に返り咲いた24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。1位は通算6週目。2位は先週の14位から一気に首位に迫ってきたMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」。昨年は1位を獲得したが今年も連続なるかどうか。3位は先週の4位からワンランクアップのAriana Grande「Positions」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週21位今週4位のBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」、先週15位今週5位のBad Bunny & Jhay Cortez「Dakiti」、先週7位今週6位のDrake Featuring Lil Durk「Laugh Now Cry Later」、先週31位今週9位のBobby Helms「Jingle Bell Rock」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週37位今週12位のAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Year」、先週45位今週16位のJose Feliciano「Feliz Navidad」、先週48位今週18位のNat King Cole「The Christmas Song (Merry Christmas To You)」、先週42位今週21位のWham!「Last Christmas」、先週49位今週22位のDean Martin「Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow」、23位Re-EntryのThe Ronettes「Sleigh Ride」、24位Re-EntryのBurl Ives「A Holly Jolly Christmas」、先週30位今週25位のAriana Grande「34+35」、30位Re-EntryのKelly Clarkson「Underneath The Tree」、34位Re-EntryのAndy Williams「Happy Holiday / The Holiday Season」、36位Re-EntryのGene Autry「Here Comes Santa Claus (Right Down Santa Claus Lane)」、37位Re-EntryのBing Crosby「White Christmas」、39位Re-EntryのMichael Buble「It's Beginning To Look A Lot Like Christmas」、40位Re-EntryのGene Autry「Rudolph The Red-Nosed Reindeer」など。
アルバムチャートもそうだが、Hot100でも40位内に16曲もクリスマスソングがチャートインしていて、まさに年末のお祭り状態である。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-12-05

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はK-ポップ、BTS「Be」。242,000 units。彼らにとって今年3月の「Map of the Soul: 7」に続く2枚目のNo.1アルバムとなった。2位初登場はヒップホップ、Megan Thee Stallion「Good News」。100,500 units。3位は先週の4位からワンランクアップのAriana Grande「Positions」。61,000 units。
6位は先週の29位からTop10 Re-EntryのTaylor Swift「Folklore」。44,000 units。10位は先週の25位から上がってきたCarrie Underwood「My Gift」。35,000 units。今年一番のホリデーアルバムになりそうな勢いである。
11位以下で気になったものとしては、先週23位今週13位のMichael Buble「Christmas」、先週20位今週16位のDolly Parton「A Holly Dolly Christmas」、17位初登場のポップ、Josh Groban「Harmony」、先週39位今週21位のMariah Carey「Merry Christmas」、先週55位今週23位のVince Guaraldi Trio「A Charlie Brown Christmas (Soundtrack)」、先週45位今週28位のPentatonix「The Best Of Pentatonix Christmas」、先週64位今週30位のNat King Cole「The Christmas Song」、42位初登場のカントリー、Garth Brooks「Fun」、45位初登場のカントリー、Lee Brice「Hey World」、53位初登場のロック、Iron Maiden「Nights Of The Dead, Legacy Of The Beast: Live In Mexico City」、73位初登場のホリデーアルバム、Mat & Savanna Shaw「Merry Little Christmas」など。
ホリデーシーズン突入と言うことで、紹介した以外でも新旧のホリデーアルバムが軒並みチャートを駆け上がっている。

シングルチャート:
今週の1位はなんと初登場となるBTS「Life Goes On」。全て韓国語の曲がHot 100で1位になるのは初めてとのこと。BTSとしては「Dynamite」に次ぐ2曲目のNo.1ソングとなった。2位は先週の1位から順位を下げた24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。3位は先週の14位からTop3に戻ってきたBTS「Dynamite」。
以下10位内で順位を上げているのは、8位初登場のShawn Mendes & Justin Bieber「Monster」のみ。
11位以下で気になったものとしては、13位初登場のBTS「Blue & Grey」、先週29位今週14位のMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」、先週43位今週21位のBrenda Lee「Rockin' Around The Christmas Tree」、22位初登場のBTS「Stay」、25位初登場のMorgan Wallen「Somebody's Problem」、31位Re-EntryのBobby Helms「Jingle Bell Rock」、37位Re-EntryのAndy Williams「It's The Most Wonderful Time Of The Yea」など。
今週はBTSがアルバム・シングルの両チャートを独占したが、興味が無いのでスルー(^^;。それにしても毎年恒例ではあるが、この時期になると懐かしのクリスマスソングが多数チャートを上がってくるのはさすがアメリカ。来週にはMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」はTop10入りしそう。

|

全米ビルボード最新チャート 2020-11-28

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はロック、AC/DC「Power Up」。117,000 units。彼らにとって2008年の「Black Ice」、1981年の「For Those About to Rock (We Salute You)」に続く3枚目となるNo.1アルバムとなった。またTop10アルバムとしては10枚目。2位初登場はヒップホップ、Future and Lil Uzi Vert「Pluto x Baby Pluto」。105,000 units。3位初登場はカントリー、Chris Stapleton「Starting Over」。103,000 units。4枚目のアルバムであるが、その全てが3位以上にチャートインしていることになる。カントリー系ではあるものの、ロック、ブルース、フォークとジャンルレスなアメリカングッドミュージックである。
8位は先週の36位から初のTop10入りとなるQueen「Greatest Hits」。36,000 units。彼らにとって9枚目となるTop10アルバムとなった。1981年にリリースされた本アルバム、1992年に11位まで上がったことがあるが、Top10入りは今回が初めてとなる。Walmartでのレコード盤ディスカウントセールの影響が大きいようだ。10位初登場はヒップホップ、YoungBoy Never Broke Again「Until I Return」。31,000 units。
11位以下で気になったものとしては、先週65位今週18位のCreedence Clearwater Revival「Chronicle The 20 Greatest Hits」、先週79位今週19位のBob Marley And The Wailers「Legend: The Best Of…」、先週61位今週20位のDolly Parton「A Holly Dolly Christmas」、先週54位今週23位のMichael Buble「Christmas」、26位初登場のクラシック、Andrea Bocelli「Believe」、30位初登場のホリデーアルバム、Pentatonix「We Need A Little Christmas」、36位Re-EntryのNirvana「Nirvana」、先週60位今週39位のMariah Carey「Merry Christmas」、先週68位今週45位のPentatonix「The Best Of Pentatonix Christmas」など。
12月が近づき、歴代のホリデーアルバムが軒並みチャートを駆け上がり始めている。

 

シングルチャート:
今週の1位は3週連続となる24kGoldn Featuring iann dior「Mood」。1位は通算5週目。2位は先週の94位から2位に一気に上がってきたBillie Eilish「Therefore I Am」。彼女らしいダークなナンバー。3位は先週の2位からワンランクダウンのAriana Grande「Positions」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のJustin Bieber Featuring Chance The Rapper「Holy」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週13位のAva Max「Kings & Queens」、先週19位今週15位のMorgan Wallen「More Than My Hometown」、先週26位今週20位のDua Lipa Featuring DaBaby「Levitating」、先週48位今週25位のChris Stapleton「Starting Over」、先週30位今週27位のAriana Grande「34+35」、29位Re-EntryのMariah Carey「All I Want For Christmas Is You」、37位初登場のLil Nas X「Holiday」など。

|

より以前の記事一覧