全米ビルボード最新チャート 2022-05-21

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はプエルトリコ出身のラテンポップ、Bad Bunny「Un Verano Sin Ti」。274,000 units。彼にとって2枚目となるNo.1アルバムとなった他、全てスペイン語のアルバムがNo.1となるのも歴代で2枚のみ、今回のアルバムと彼の前作「El Último Tour del Mundo」である。2位は先週の1位から後退したFuture「I Never Liked You」。116,000 units。3位初登場はヒップホップ、Jack Harlow「Come Home the Kids Miss You」。113,000 units。
6位初登場はロック、Arcade Fire「We」。32,000 units。彼らにとって5作連続となるTop10アルバムとなった。9位初登場はメキシコのアコースティックデュオによるラテンポップ、Eslabon Armado「Nostalgia」。29,500 units。彼らにとって初のTop10アルバムであり、またBad Bunny同様に全てスペイン語のアルバムとなっている。
11位以下で気になったものとしては、15位初登場のR&B、Ella Mai「Heart On My Sleeve」、36位初登場のロック、Halestorm「Back From The Dead」、72位初登場のポップ、BoyWithUke「Serotonin Dreams」、102位初登場のロック、Three Days Grace「Explosions」など。
72位初登場のBoyWithUke「Serotonin Dreams」、初めて見る名前だなと思って調べてみると、ウクレレ弾きのニューアーティストのようで、しかも覆面。サーフミュージック風の癒やしもあり、ユニークなアーティストでとても気になる(^^)。

シングルチャート:
今週の1位は先週の3位から首位に返り咲いたJack Harlow「First Class」。1位は通算2週目。2位は先週と変わらずHarry Styles「As It Was」。3位は先週の1位から後退したFuture Featuring Drake & Tems「Wait For U」。
以下10位内で順位を上げているのは、4位初登場のBad Bunny「Moscow Mule」、4位初登場のBad Bunny「Titi Me Pregunto」、6位初登場のBad Bunny「Despues de La Playa」、先週19位今週9位のLizzo「About Damn Time」、10位初登場のBad Bunny & Chencho Corleone「Me Porto Bonito」の5曲。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のMorgan Wallen「Thought You Should Know」、14位初登場のBad Bunny & Rauw Alejandro「Party」、15位初登場のKendrick Lamar「The Heart Part 5」、16位初登場のBad Bunny「Un Ratito」、18位初登場のBad Bunny & Jhay Cortez「Tarot」など。
他にもBad Bunny、Jack Harlowの曲が多くチャートインしている。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-05-14

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はヒップホップ、Future「I Never Liked You」。222,000 units。2位は先週の35位から一気にジャンプアップしてきたThe Weeknd「Dawn FM」。57,000 units。このチャートアクションはLP版のリリースによるもの。3位は先週の2位からワンランクダウンのMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。50,000 units」。
4位初登場はカントリー、Miranda Lambert「Palomino」。36,000 units。彼女にとって7枚目となるTop10アルバムとなった。8位初登場はヒップホップ、NoCap「Mr. Crawford」。29,000 units。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のロック、Grateful Dead「Dave's Picks, Volume 42: Winterland, San Francisco, CA - 2/23/74」、13位初登場のR&B、Kehlani「Blue Water Road」、15位初登場のロック、Rammstein「Zeit」、90位初登場のカントリー、The Judds「All-Time Greatest Hits」、100位初登場のカントリー、Willie Nelson「A Beautiful Time」など。

 

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるFuture Featuring Drake & Tems「Wait For U」。2位は先週の1位から後退したHarry Styles「As It Was」。3位も先週の2位からワンランクダウンのJack Harlow「First Class」。
以下10位内で順位を上げているのは、8位初登場のFuture「712PM」、10位初登場のFuture「I’m Dat N***a」の2曲のみ。Futureのニューアルバム収録曲全16曲がチャートインしたことで、それ以外の曲は軒並み順位を下げている。まあ来週にはまた通常の順位に戻ると思うが。
11位以下で気になったものとしては、先週60位今週19位のLizzo「About Damn Time」、先週36位今週25位のKarol G「Provenza」など。Futureの曲がTop40内に11曲エントリーしているが興味が無いのでパス(^^;。
今週19位に急上昇中のLizzo「About Damn Time」、リズムが80年代のブラコン(死語か(^^;)風でたまらない。ニューアルバムの方も楽しみ。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-05-07

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:7220
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はヒップホップ、Pusha T「Almost Dry」。55,000 units。2位は先週と変わらずMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。51,000 units。3位も先週と変わらずLil Durk「7220」。39,000 units。
8位初登場はカントリー、Jason Aldean「Georgia」。26,000 units。彼にとって10枚目となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、44位初登場のロック、Bonnie Raitt「Just Like That…」、68位初登場のクリスチャン系ポップ、Anne Wilson「My Jesus」、87位初登場のロック、Kirk Hammett「Portals (EP)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続、通算3週目となるHarry Styles「As It Was」。2位は、Jack Harlow「First Class」、3位、Glass Animals「Heat Waves」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週8位今週7位のDoja Cat「Woman」、先週10位今週8位のJustin Bieber「Ghost」、先週11位今週10位のLil Nas X「Thats What I Want」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、15位初登場のThe Kid LAROI「Thousand Miles」、先週25位今週21位のCamila Cabello Featuring Ed Sheeran「Bam Bam」、先週30位今週26位のLuke Combs「Doin' This」、先週32位今週28位のWalker Hayes「AA」、先週37位今週31位のDove Cameron「Boyfriend」、先週59位今週33位のJason Aldean「Trouble With A Heartbreak」、36位初登場のKarol G「Provenza」、先週40位今週37位のEm Beihold「Numb Little Bug」など。
15位に初登場したThe Kid LAROI「Thousand Miles」、昨年の大ヒット曲「Without You」に似た雰囲気のメランコリックなバラードで印象的である。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-04-30


アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:7220
今週のTop10内初登場は無し。1位は先週の120位から再び首位に戻ってきたTyler, the Creator「Call Me If You Get Lost」。59,000 units。このチャートアクションはLPバージョンのリリースによるもの。2位は先週と変わらずMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。50,500 units。3位は先週の1位から後退したLil Durk「7220」。43,000 units。
8位は先週の60位からTop10に戻ってきたThe Weeknd「The Highlights」。27,000 units。
11位以下で気になったものとしては、11位Re-EntryのRush「Moving Pictures」、先週34位今週13位のHarry Styles「Fine Line」など。11位Re-EntryのRush「Moving Pictures」は40周年記念盤のリリースによるもの。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から首位に返り咲いたHarry Styles「As It Was」。1位は通算2週目。2位は先週の1位から後退したJack Harlow「First Class」。3位は先週と変わらずGlass Animals「Heat Waves」。
以下10位内で順位を上げているのは、7位初登場のMorgan Wallen「Don't Think Jesus」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週24位今週19位のPost Malone & The Weeknd「One Right Now」、先週30位今週24位のBecky G X Karol G「MAMIII」、先週36位今週31位のMorgan Wallen「Wasted On You」、先週44位今週36位のDove Cameron「Boyfriend」、先週45位今週40位のEm Beihold「Numb Little Bug」など。
今週40位に上昇中のEm Beihold「Numb Little Bug」、イラン系アメリカ人の女性シンガーソングライターとのことだが、軽快なピアノポップ調で良い感じの曲だ。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-04-23

アルバムチャート:
1位:7220 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位は先週の2位から首位に返り咲いたLil Durk「7220」。47,000 units。1位は通算2週目。2位は先週の4位から順位を上げたMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。46,500 units。3位は先週と変わらずSoundtrack「Encanto」。45,000 units。
4位初登場はロック、Jack White「Fear of the Dawn」。42,000 units。ソロとして4枚目となるTop10アルバムとなった。7位初登場はヒップホップ、42 Dugg and EST Gee「Last Ones Left」。30,000 units。9位初登場もヒップホップ、Fivio Foreign「B.I.B.L.E.」。29,000 units。10位初登場はポップ、Camila Cabello「Familia」。27,500 units。彼女にとって3枚目のアルバムであるが、3枚ともTop10アルバムとなっている。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のロック、Wet Leg「Wet Leg」、19位初登場のSoundtrack「Encanto (Highlights)」、22位Re-EntryのTool「Fear Inoculum」、28位初登場のポップ、Father John Misty「Chloe And The Next 20th Century」、48位初登場のカントリー、Cole Swindell「Stereotype」、115位初登場のロック、Papa Roach「Ego Trip」、124位初登場のロック、Kid Rock「Bad Reputation」など。
14位初登場のWet Leg「Wet Leg」、UK出身のガールズデュオのデビューアルバムであるが、キャッチーなポップロックでUKで大きな注目を集めているとのことで、視聴したところ私もノックアウト(^^;。アルバムレビューは後日(^^)。

シングルチャート:
今週の1位はJack Harlow「First Class」。2021年にLil Nas Xとの共演曲「Industry Baby」で1位を獲得しているが、ソロとしては初となるNo.1ソングとなった。2位は先週の1位から後退したHarry Styles「As It Was」。3位も先週の2位から後退したGlass Animals「Heat Waves」。
以下10位内で順位を上げている曲は無し。
11位以下で気になったものとしては、先週28位今週25位のCamila Cabello Featuring Ed Sheeran「Bam Bam」、先週34位今週27位のCole Swindell / Lainey Wilson「Never Say Never」、先週35位今週32位のWalker Hayes「AA」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-04-16

アルバムチャート:
1位: 2位:7220 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はロック、Red Hot Chili Peppers「Unlimited Love」。97,500 units。彼らにとって2006年の「Stadium Arcadium」以来となるNo.1アルバムとなった。Top10アルバムとしては8枚目となる。2位は先週と変わらずLil Durk「7220」。51,000 units。3位も先週と変わらずSoundtrack「Encanto」。50,000 units。
7位は先週の69位からTop10 Re-EntryのYeat「2 Alive」。31,500 units。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のカントリー、Thomas Rhett「Where We Started」、25位Re-EntryのJon Batiste「We Are」、先週111位今週30位のSilk Sonic (Bruno Mars & Anderson .Paak)「An Evening With Silk Sonic」など。先日のグラミー賞の発表に伴い、受賞アルバムが軒並み順位を上げている。

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるHarry Styles「As It Was」。5月20日発売のニューアルバムからの先行シングルである。One Directionメンバーの中では最も成功しているアーティストと言える。2位は先週の1位から後退したGlass Animals「Heat Waves」。3位は先週と変わらずLatto「Big Energy」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週10位今週8位のDoja Cat「Woman」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週27位今週22位のOlivia Rodrigo「Good 4 U」、先週34位今週28位のCamila Cabello Featuring Ed Sheeran「Bam Bam」、先週31位今週28位のLauren Spencer-Smith「Fingers Crossed」、先週41位今週37位のElle King & Miranda Lambert「Drunk (And I Don't Wanna Go Home)」、38位初登場のShawn Mendes「When You're Gone」、先週47位今週40位のDove Cameron「Boyfriend」など。
38位初登場のShawn Mendes「When You're Gone」、タイトルからいかにもCamila Cabelloとの破局を歌っているような(^^;。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-04-09

アルバムチャート:
1位: 2位:7220 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はロック、Machine Gun Kelly「Mainstream Sellout」。93,000 units。2020年の前作「Tickets to My Downfall」に続くポップパンク第2弾となるアルバムで、2作連続No.1を獲得した。2位は先週と変わらずLil Durk「7220」。63,000 units。3位も先週と変わらずSoundtrack「Encanto」。58,000 units。
5位は先週の11位からTop10 Re-EntryのOlivia Rodrigo「Sour」。34,000 units。8位初登場はラテン/レゲトン、Daddy Yankee「Legendaddy」。29,000 units。
11位以下で気になったものとしては、12位初登場のポップ/ジャズ、Michael Buble「Higher」、16位初登場のポップ、keshi「Gabriel」、先週147位今週18位のFoo Fighters「Greatest Hits」、21位初登場のカントリー、Maren Morris「Humble Quest」、49位初登場のロック、Wallows「Tell Me That It’s Over」、50位初登場のk-ポップ、NCT DREAM「Glitch Mode」、77位初登場のゴスペル、Reba McEntire「My Chains Are Gone: Hymns & Gospel Favorites」など。
Michael Bubleの最新作「Higher」がまさかの12位とは。過去6作はいずれも1位あるいは2位だったので、これはちょっと意外。アルバム自体は充実していて傑作だと思うのだけれど。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう5週連続となるGlass Animals「Heat Waves」。2位、The Kid LAROI & Justin Bieber「Stay」も先週と変わらず。3位は先週の11位から一気にTop3入りしたLatto「Big Energy」。80年代風ビートがなんとも心地良い曲で元ネタは1981年ヒットのTom Tom Club「Genius of Love」。Mariah Careyの「Fantasy」でもこの元ネタ曲を使っていることは有名。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週5位のImagine Dragons X JID「Enemy」の1曲のみ。
11位以下で気になったものとしては、20位初登場のYahritza y Su Esencia「Soy El Unico」、29位Re-EntryのSummer Walker & SZA「No Love」、先週40位今週36位のCole Swindell / Lainey Wilson「Never Say Never」、先週41位今週38位のWalker Hayes「AA」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-04-02

アルバムチャート:
1位: 2位:7220 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はK-ポップ、Stray Kids「Stray Kids Mini Album: Oddinary (EP)」。110,000 units。7曲入りEPで韓国語の曲が主。初のアルバムでNo.1デビューとなった。2位は先週の1位から後退したLil Durk「7220」。59,000 units。3位は先週と変わらずMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。46,000 units。Top10内はこれで62週目となり、Adele「21」の84週、Alanis Morissette「Jagged Little Pill」の72週に次ぐ歴代3位の記録となった。
5位は先週の35位からTop10 Re-EntryのJuice WRLD「Fighting Demons」。40,000 units。これは3曲が追加されたDeluxe盤のリリースによるもの。7位初登場はポップ、Charli XCX「Crash」。31,500 units。彼女にとって5枚目のアルバムにして初となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、15位Re-EntryのPearl Jam「rearviewmirror: Greatest Hits 1991-2003」、33位初登場のラテンポップ、Rosalia「Motomami」、138位初登場のポップ、GAYLE「A Study Of The Human Experience, Volume One (EP)」など。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう4週連続となるGlass Animals「Heat Waves」。2位、The Kid LAROI & Justin Bieber「Stay、3位、Kodak Black「Super Gremlin」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のJustin Bieber「Ghost」、先週8位今週7位のImagine Dragons X JID「Enemy」、先週9位今週8位のLil Nas X「Thats What I Want」、先週12位今週9位のDoja Cat「Woman」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、先週14位今週11位のLatto「Big Energy」、先週22位今週18位のCody Johnson「’Til You Can’t」、先週33位今週29位のCharlie Puth「Light Switch」、先週45位今週30位のLuke Combs「Doin' This」、先週51位今週40位のCole Swindell / Lainey Wilson「Never Say Never」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-03-26

アルバムチャート:
1位:7220 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はヒップホップ、Lil Durk「7220」。120,500 units。2位初登場はロック、Ghost「Impera」。70,000 units。2018年の前作「Prequelle」の最高位3位を上回り、彼らにとってチャート最高位を記録した。Top10アルバムとしては3枚目となる。妖しさが減りメインストリーム的な音作りになったことで、より広く受け入れられたのかな。3位は先週の1位からとうとう後退したSoundtrack「The Encanto」。64,000 units。
5位初登場はポップ、Rex Orange County「Who Cares?」。35,000 units。彼にとって2019年の前作「Pony」の最高位3位に続き、2枚目となるTop10アルバムとなった。独特の雰囲気のあるシンガーソングライターであるが、個人的にはちょっと微妙(^^;。7位初登場はクリスチャン系ポップ、for KING & COUNTRY「What Are We Waiting For?」。32,000 units。彼らにとって2枚目となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週17位今週13位のNirvana「Nevermind」、69位初登場のR&B、Lucky Daye「Candydrip」など。

 

シングルチャート:
今週の1位はこれで3週連続となるGlass Animals「Heat Waves」。2位は遠州の5位から再び上がってきたThe Kid LAROI & Justin Bieber「Stay」。3位は先週と変わらずKodak Black「Super Gremlin」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のJustin Bieber「Ghost」、先週12位今週8位のImagine Dragons X JID「Enemy」、先週10位今週9位のLil Nas X「Thats What I Want」の3曲。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週12位のDoja Cat「Woman」、先週25位今週22位のCody Johnson「’Til You Can’t」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2022-03-19

アルバムチャート:
1位: 2位:What It Means To Be King 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位はこれで9週連続、通算では9週目の首位となるSoundtrack「Encanto」。72,500 units。2位初登場はヒップホップ、King Von「What It Means to Be King」。59,000 units。3位は先週と変わらずMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。45,000 units。
10位初登場はヒップホップ、DaBaby & YoungBoy Never Broke Again「Better Than You」。28,500 units。
11位以下で気になったものとしては、先週71位今週17位のNirvana「Nevermind」、34位初登場のカントリー、Dolly Parton「Run, Rose, Run」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるGlass Animals「Heat Waves」。2位は先週と変わらずCarolina Gaitan, Mauro Castillo, Adassa, Rhenzy Feliz, Diane Guerrero, Stephanie Beatriz & Encanto Cast「We Don't Talk About Bruno」。3位は先週の4位から順位を上げたKodak Black「Super Gremlin」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週9位今週8位のEd Sheeran「Bad Habits」、先週11位今週10位のLil Nas X「Thats What I Want」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週13位今週12位のImagine Dragons X JID「Enemy」、先週17位今週14位のLatto「Big Energy」、先週21位今週15位のDoja Cat「Woman」、23位初登場のCamila Cabello Featuring Ed Sheeran「Bam Bam」、先週42位今週40位のDierks Bentley, Breland & HARDY「Beers On Me」など。

|

より以前の記事一覧