全米ビルボード最新チャート 2023-03-25

アルバムチャート:
1位: 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位は先週に続いて2週連続となるMorgan Wallen「One Thing at a Time」。259,000 units。2位初登場はK-ポップ、TWICE「Ready to Be」。153,000 units。4枚目となるTop10アルバムとなったが、2位は過去チャート最高位となる。3位初登場はポップ、Miley Cyrus「Endless Summer Vacation」。119,000 units。彼女にとって、Hannah Montana名義を含め14枚目となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものは特に無し。

シングルチャート:
今週の1位は先週の2位から首位に返り咲いたMiley Cyrus「Flowers」。1位は3週間ぶり、通算7週目となる。2位は先週の1位から後退したMorgan Wallen「Last Night」。3位、SZA「Kill Bill」は先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のMetro Boomin, The Weeknd & 21 Savage「Creepin’」、先週12位今週7位のTaylor Swift「Anti-Hero」、先週19位今週8位のRema & Selena Gomez「Calm Down」の3曲。
今週8位に上がってきたRema & Selena Gomez「Calm Down」、ナイジェリア出身のRemaにとっては初のTop10ヒット、Selena Gomezにとっては8曲目のTop10ヒットとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週20位今週11位のBailey Zimmerman「Rock And A Hard Place」、先週24位今週12位のCoi Leray「Players」、先週33位今週23位のRAYE Featuring 070 Shake「Escapism」、先週37位今週24位のMiguel「Sure Thing」、32位初登場のMiley Cyrus「River」、先週67位今週36位のToosii「Favorite Song」など。
今週36位に上がってきたToosii「Favorite Song」、ラッパーであるがピアノの弾き語りによるR&Bバラードに仕上がっていてとても良い感じだ。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-03-18


アルバムチャート:
1位: 2位:SOS 3位:
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位初登場はカントリー、Morgan Wallen「One Thing at a Time」。501,000 units。彼にとって3枚目のアルバムとなるが、2021年1月リリースの前作「Dangerous: The Double Album」が10週1位を獲得するなど記録的な大ヒットとなったが、今作も1位デビューかつ50万 unitsオーバーと絶好調なデビューとなった。しばらくは1位を独奏しそうな感じだ。2位は先週と変わらずSZA「SOS」。82,000 units。3位は先週の1位から後退したKarol G「Mañana Será Bonito」。60,000 units。
4位初登場はR&B、Kali Uchis「Red Moon in Venus」。55,000 units。コロンビア出身のR&Bシンガーソングライターで、彼女にとって初となるTop10アルバムとなった。
11位以下で気になったものとしては、13位初登場のK-ポップ、NCT 127「Ay-Yo: The 4th Album Repackage」、15位Re-EntryのDe La Soul「3 Feet High And Rising」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の5位から初となる首位に立ったMorgan Wallen「Last Night」。彼の過去最高位は「You Proof」の5位だった。2位、Miley Cyrus「Flowers」、3位、SZA「Kill Bill」は先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週13位今週7位のMorgan Wallen「Thought You Should Know」、先週21位今週8位のMorgan Wallen「You Proof」、9位初登場のMorgan Wallen「Thinkin' Bout Me」、先週51位今週10位のMorgan Wallen「One Thing At A Time」の4曲。
11位以下で気になったものとしては、11位初登場のMorgan Wallen「Ain't That Some」、先週64位今週18位のMorgan Wallen「I Wrote The Book」、27位初登場のMorgan Wallen「’98 Braves」、29位初登場のMorgan Wallen「Devil Don't Know」、30位初登場のMorgan Wallen「Sunrise」、32位初登場のMorgan Wallen「Born With A Beer In My Hand」、35位初登場のMorgan Wallen「Whiskey Friends」、38位初登場のMorgan Wallen「Tennessee Numbers」、40位初登場のMorgan Wallen Featuring ERNEST「Cowgirls」など。
今週はアルバムチャート同様にシングルチャートもMorgan Wallen旋風が吹き荒れており、1位の「Last Night」を皮切りにTop10内に5曲、100位内ではなんとアルバム全曲36曲が全てチャートインしており、同時チャートイン数としては歴代最多となった。ちなみに同時チャートイン数で歴代2位はDrakeが2018年に記録した27曲、歴代3位はTaylor Swiftが2021年に記録した26曲。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-03-11

アルバムチャート:
1位: 2位:SOS 3位:
今週のTop10内初登場は4枚だった。1位初登場はラテンポップ、Karol G「Mañana Será Bonito」。94,000 units。彼女の過去チャート最高位は2021年の「KG0516」の20位だったので、初Top10アルバムにして初のNo.1アルバムとなった。また全曲スペイン語アルバムは歴代3枚目となる。(過去2枚はいずれもBad Bunnyで2022年の「Un Verano Sin Ti 」と2020年のEl Ultimo Tour del Mundo」)2位は先週の1位から後退したSZA「SOS」。87,000 units。3位初登場はロック、Gorillaz「Cracker Island」。64,500 units。彼らにとって5枚目のTop10アルバムとなった。
4位初登場はヒップホップ、Yeat「AfterLyfe」。55,000 units。8位初登場もヒップホップ、Don Toliver「Love Sick」。40,500 units。9位は先週の14位からTop10 Re-EntryのThe Weeknd「Starboy」。40,000 units。2016年リリースの本アルバムがTop10に戻ってくるのは2017年以来となるもの。このチャートアクションは「Die for You」の Ariana Grandeコラボ版のリリースによるもの。
11位以下で気になったものとしては、19位初登場のロック、Godsmack「Lighting Up The Sky」、52位初登場のポップ、Gracie Abrams「Good Riddance」、73位初登場のカントリー、Dierks Bentley「Gravel & Gold」、126位初登場のポップ、Adam Lambert「High Drama」など。
52位初登場のGracie Abrams「Good Riddance」、映画監督のJ.J.Abramsの娘で、現在23歳となるシンガーソングライターのデビューアルバムであるが、視聴してみてTaylor Swiftのフォークアルバム「Folklore」などに似た雰囲気を感じ、とても気に入ったのだった。

シングルチャート:
今週の1位は先週の6位から上がってきたThe Weeknd & Ariana Grande「Die For You」。Ariana Grandeとの共演版のリリースで一気に首位に立った。2位は先週の1位から後退したMiley Cyrus「Flowers」。3位も同じく先週の2位からワンランクダウンのSZA「Kill Bill」。
以下10位内で順位を上げているのは、7位初登場のKarol G x Shakira「TQG」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週13位のMorgan Wallen「Thought You Should Know」、先週19位今週15位のRema & Selena Gomez「Calm Down」、先週31位今週27位のStephen Sanchez「Until I Found You」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-03-04


アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位は3週連続、通算ではとうとう10週目となるSZA「SOS」。87,000 units。女性アーティストで10週1位は2015年から16年にかけてのAdele「25」(通算10週1位)以来となるもの。2位初登場はポップ、P!nk「Trustfall」。74,500 units。彼女にとって9枚目となるTop10アルバムとなった。どの曲もシングルとなるような傑作アルバムだと思う。3位は先週と変わらずTaylor Swift「Midnights」。54,000 units。
8位は先週の11位からTop10 Re-EntryのZach Bryan「American Heartbreak」。28,000 units、
11位以下で気になったものとしては、15位Re-EntryのATEEZ「Spin Off : From The Witness (EP)」、19位初登場のカントリー、Jordan Davis「Bluebird Days」、51位初登場のダンス、Skrillex「Quest For Fire」、58位初登場のポップ、Taylor Swift「Lover: Live From Paris」など。

シングルチャート:
今週の1位は6週連続となるMiley Cyrus「Flowers」。2位、SZA「Kill Bill」も先週と変わらず。3位は先週の4位から上がってきたPinkPantheress & Ice Spice「Boy's A Liar, Pt. 2」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のThe Weeknd「Die For You」のみ。
11位以下で気になったものとしては、先週18位今週16位のBailey Zimmerman「Rock And A Hard Place」、先週25位今週19位のRema & Selena Gomez「Calm Down」、先週26位今週23位のRAYE Featuring 070 Shake「Escapism」、先週27位今週24位のLuke Combs「Going, Going, Gone」、先週31位今週28位のMiguel「Sure Thing」、先週34位今週29位のLainey Wilson「Heart Like A Truck」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-02-25


アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位は2週連続、通算では9週目となるSZA「SOS」。93,000 units。2位初登場はロック、Paramore「This Is Why」。64,000 units。彼女らにとって4枚目となるTop10アルバムとなった。3位は先週の2位からワンランクダウンのTaylor Swift「Midnights」。60,000 units。
4位は先週と変わらずMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。44,000 units。Top10内滞在週はこれで107週となり、1位の「My Fair Lady」の173週、2位の「The Sound of Music」の109週に次いで単独3位となった。あと3週は十分行くと思うので、そうなると歴代2位の記録となる。1位はさすがに厳しいかな。8位は先週の50位からTop10 Re-EntrtyのRihanna「Anti」。36,000 units。11位以下でも彼女のアルバムは軒並み順位を上げているが、このチャートアクションはSuper Bowlのハーフタイムショーにおける彼女のパフォーマンスによるもの。9位は先週の13位から上がってきたHarry Styles「Harry's House」。33,000 units。
11位以下で気になったものとしては、14位初登場のロック、Pierce The Veil「The Jaws Of Life」、先週137位今週15位のRihanna「Good Girl Gone Bad」、先週197位今週18位のRihanna「Unapologetic」、26位Re-EntryのRihanna「Loud」、49位Re-EntryのRihanna「Talk That Talk」、110位初登場のロック、In Flames「Foregone」、193位初登場のロック、The Rolling Stones「GRRR Live!」など。

シングルチャート:
今週の1位はとうとう5週連続となるMiley Cyrus「Flowers」。2位、SZA「Kill Bill」も先週と変わらず。3位は先週の5位から上がってきたMetro Boomin, The Weeknd & 21 Savage「Creepin'」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週14位今週4位のPinkPantheress & Ice Spice「Boy's A Liar, Pt. 2」、先週8位今週7位のThe Weeknd「Die For You」の2曲。今週4位急上昇中のPinkPantheress & Ice Spice「Boy's A Liar, Pt. 2」、チャートイン後2週目にしていきなり5位である。軽快なポップダンスチューンであるが、それにしても勢いがすごい。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週13位のKane Brown With Katelyn Brown「Thank God」、15位初登場のLuke Combs「Love You Anyway」、先週28位今週22位のCoi Leray「Players」、37位Re-EntryのRihanna Featuring Jay-Z「Umbrella」、38位初登場のLinkin Park「Lost」など。
38位初登場のLinkin Park「Lost」は、4月に発売される「Meteora」20周年記念盤に収録される未発表音源で当時の彼ららしい曲。懐かしくて思わずアルバムを予約してしまった。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-02-18


アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位は先週の2位から首位に返り咲いたSZA「SOS」。100,000 units。1位は通算8週目。2位も先週の3位からワンランクアップのTaylor Swift「Midnights」。62,000 units。3位は先週の1位から後退したTOMORROW X TOGETHER「The Name Chapter: TEMPTATION」。48,000 units。
4位は先週の6位から順位を上げたMorgan Wallen「Dangerous: The Double Album」。46,000 units。6位は先週の41位からTop10 Re-EntryのThe Weeknd「The Highlights」。45,000 units。9位は先週の13位から上がってきたHarry Styles「Harry’s House」。38,000 units。グラミー賞受賞効果かな。10位初登場はカントリー/ポップ、Shania Twain「Queen of Me」。38,000 units。彼女にとって6枚目となるTop10アルバムとなったが、オリジナルアルバムとしては5作連続Top10アルバムとなる。
11位以下で気になったものとしては、先週24位今週11位のBeyonce「Renaissance」、58位初登場のポップ、RAYE「My 21st Century Blues」、158位初登場のジャズ、Samara Joy「Linger Awhile」など。
158位に初登場したSamara Joy「Linger Awhile」はグラミー賞の最優秀新人賞受賞の効果かな。ただ全体的にその効果は今週のチャートでは動きが鈍い感じがする。

シングルチャート:
今週の1位は4週連続となるMiley Cyrus「Flowers」。2位、SZA「Kill Bill」も先週と変わらず。3位は先週の27位から一気にTop3入りしたMorgan Wallen「Last Night」。彼にとってHot100での過去最高位は「You Proof」の5位だったので、これが彼にとって最大のヒットとなった。あとはどこまで順位を上げることが出来るか。
以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のSam Smith & Kim Petras「Unholy」、先週15位今週6位のBeyonce「Cuff It」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週21位今週13位のMorgan Wallen「Thought You Should Know」、14位初登場のPinkPantheress & Ice Spice「Boy's A Liar, Pt. 2」、先週38位今週28位のCoi Leray「Players」、先週58位今週38位のMorgan Wallen「I Wrote The Book」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-02-11

アルバムチャート:
1位: 2位:SOS 3位:
今週のTop10内初登場は3枚だった。1位初登場はK-ポップ、TOMORROW X TOGETHER「The Name Chapter: TEMPTATION」。161,500 units。5曲入りのEPであるが、3枚目のTop10アルバムにして初のNo.1アルバムとなった。2位は先週の1位から後退したSZA「SOS」。100,000 units。3位も先週の2位から順位を落としたTaylor Swift「Midnights」。68,000 units。
7位初登場はポップ、Sam Smith「Gloria」。39,000 units。彼にとって4枚目となるTop10アルバム。9位初登場はヒップホップ、Lil Yachty「Let’s Start Here」。36,000 units。彼にとって3枚目となるTop10アルバム。ラッパーだが本アルバムには彼が好きだというPink Floyd「Dark Side of the Moon」をモチーフにしたと思われるサイケデリックな曲もあったりして、そのユニークな音楽性にびっくりする。
11位以下で気になったものとしては、18位初登場のロック、Grateful Dead「Dave's Picks, Volume 45: Paramount Theatre, Portland, OR 10/1/77 & 10/2/77」、34位初登場のポップ/ダンス、Ava Max「Diamonds & Dancefloors」、40位初登場のカントリー、Tyler Hubbard「Tyler Hubbard」、53位初登場のカントリー、Elle King「Come Get Your Wife」、63位初登場のフォーク/ロック、Bob Dylan「Fragments: Time Out of Mind Sessions (1996-1997)」など。

シングルチャート:
今週の1位はこれで3週連続となるMiley Cyrus「Flowers」。2位、SZA「Kill Bill」も先週と変わらず。3位は先週の4位からTop3いりしたMetro Boomin, The Weeknd & 21 SavageCreepin'」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週7位今週6位のThe Weeknd「Die For You」、先週12位今週10位のLil Uzi Vert「Just Wanna Rock」の2曲。
11位以下で気になったものとしては、先週14位今週11位のMeghan Trainor「Made You Look」、先週16位今週13位のChris Brown「Under The Influence」、先週19位今週16位のBailey Zimmerman「Rock And A Hard Place」、先週30位今週19位のTaylor Swift「Lavender Haze」、先週27位今週21位のMorgan Wallen「Thought You Should Know」、27位初登場のMorgan Wallen「Last Night」、先週35位今週30位のLuke Combs「The Kind Of Love We Make」、先週39位今週36位のMiguel「Sure Thing」、先週49位今週38位のCoi Leray「Players」、40位初登場のThe Kid LAROI「Love Again」など。
40位初登場のThe Kid LAROI「Love Again」、最近の彼らしいキャッチーなポップナンバーとなっている。PVはちょっとシュールな気もするが。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-02-04

アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:MANSION MUSIK
今週のTop10内初登場は2枚だった。1位はこれで7週連続となるSZA「SOS」。111,000 units。2位も先週と変わらずTaylor Swift「Midnights」。67,000 units。3位初登場はヒップホップ、Trippie Redd「Mansion Musik」。56,000 units。Top10アルバムは彼にとって7枚目。
4位初登場はカントリー/ロック、HARDY「The Mockingbird & The Crow 」。55,000 units。彼にとって初となるTop10アルバムとなったが、面白いのはアルバムの前半収録曲は全てカントリー、後半は全てロックで構成されている点で、このロックとカントリーの二刀流はKid Rockを思い出す。
11位以下で気になったものとしては、先週119位今週12位のThe Weeknd「Starboy」、18位初登場のロック、Maneskin「Rush!」、129位Re-EntryのCrosby, Stills, Nash & Young「Deja Vu」、156位Re-EntryのCrosby, Stills & Nash「Greatest Hits」、190位初登場のカントリー/ロック、Wilco「Cruel Country」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週に続いて2週連続となるMiley Cyrus「Flowers」。2位、SZA「Kill Bill」、3位、Taylor Swift「Anti-Hero」も先週と変わらず。
以下10位内で順位を上げているのは、先週10位今週9位のHarry Styles「As It Was」、先週11位今週10位のJVKE「Golden Hour」の2曲。今週10位のJVKE「Golden Hour」、若きシンガーソングライターにとって初となるTop10ヒットとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週37位今週23位のHARDY Featuring Lainey Wilson「Wait In The Truck」、先週35位今週28位のRema & Selena Gomez「Calm Down」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-01-28


アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は無し。1位はこれで6週連続となるSZA「SOS」。119,000 units。2位は先週と変わらずTaylor Swift「Midnights」。73,000 units。3位も同じくMetro Boomin「Heroes & Villains」。56,000 units。
5位は先週の36位からTop10 Re-EntryのThe Weeknd「The Highlights」。44,000 units。
11位以下で気になったものとしては、192初登場のカントリー、Zach Bryan「Elisabeth」など。Zach Bryanのニューアルバムにしては低順位だなと思ったら、「American Heartbreak」の一つ前の2020年リリースのアルバムであった。

シングルチャート:
今週の1位は初登場となるMiley Cyrus「Flowers」。彼女にとってNo.1ソングは2013年の「Wrecking Ball」に続き2曲目となる。2位は先週と変わらずSZA「Kill Bill」。3位は先週の1位から後退したTaylor Swift「Anti-Hero」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週5位今週4位のMetro Boomin, The Weeknd & 21 Savage「Creepin’」、9位初登場のBizarrap & Shakira「Bzrp Music Sessions, Vol. 53」の2曲。
Bizarrap & Shakira「Bzrp Music Sessions, Vol. 53」、コロンビア出身のラテンの歌姫、Shakiraとアルゼンチンのプロデューサー、Bizarrapの初のコラボとなる曲で、Shakiraにとっては5曲目となるTop10ソングとなった。
11位以下で気になったものとしては、先週28位今週22位のRAYE Featuring 070 Shake「Escapism」、先週31位今週25位のFuerza Regida X Grupo Frontera「Bebe Dame」、先週48位今週32位のSZA「Snooze」、先週38位今週35位のRema & Selena Gomez「Calm Down」など。

|

全米ビルボード最新チャート 2023-01-21


アルバムチャート:
1位:SOS 2位: 3位:
今週のTop10内初登場は1枚だった。1位は先週に続いて5週連続となるSZA「SOS」。125,000 units。2位も先週と変わらずTaylor Swift「Midnights」81,000 units。3位も同じくMetro Boomin「Heroes & Villains」。57,000 units。
7位は先週の8位からワンランクアップのZach Bryan「American Heartbreak」。33,000 units。9位初登場はヒップホップ、YoungBoy Never Broke Again「I Rest My Case」。29,000 units。
11位以下で気になったものとしては、13位Re-EntryのBTS「Love Yourself: Her」、先週55位今週51位のJVKE「This Is What ____ Feels Like (Vol.1-4)」など。

シングルチャート:
今週の1位は先週の8位から首位に返り咲いたTaylor Swift「Anti-Hero」。1位は通算8週目。2位は先週の3位から順位を上げたSZA「Kill Bill」。3位は入れ替わりに先週の2位から順位を下げたSam Smith & Kim Petras「Unholy」。
以下10位内で順位を上げているのは、先週6位今週5位のMetro Boomin, The Weeknd & 21 Savage「Creepin’」、先週8位今週6位のThe Weeknd「Die For You」、先週11位今週10位のZach Bryan「Something In The Orange」の3曲。確かZach Bryan「Something In The Orange」は初Top10入りだったような。チャートイン後38週目である。
11位以下で気になったものとしては、先週15位今週11位のJVKE「Golden Hour」、先週14位今週12位のChris Brown「Under The Influence」、先週20位今週17位のBailey Zimmerman「Rock And A Hard Place」、先週27位今週23位のStephen Sanchez「Until I Found You」、先週43位今週28位のRAYE Featuring 070 Shake「Escapism」、先週50位今週31位のFuerza Regida X Grupo Frontera「Bebe Dame」、先週39位今週32位のLainey Wilson「Heart Like A Truck」、先週46位今週38位のRema & Selena Gomez「Calm Down」、先週44位今週40位のJordan Davis「What My World Spins Around」など。
今週11位に上がってきたJVKE(ジェイク)「Golden Hour」、USロードアイランド州出身の現在21歳のシンガーソングライターの初チャートイン曲であるが、Top10入りまであと一歩のところまで来た。2021年には「Upside Down」がTikTokでバイラルヒットを記録しているが、いよいよHot100でもブレイクの時がきたか。

|

より以前の記事一覧