最近買ったCD(Avril Lavigne)


●Avril Lavigne「Head Above Water」

Avril Lavigneの5年ぶり通算6作目となるニューアルバムがリリースされた。バラードが主体のアルバムになっており、ロックは一体どこに行ってしまったのという思いである(^^;。でもポップアルバムとして評価するならば、ヴォーカル、メロディ共に極上だとは思う。評価はもう少し聴き込んでからにしようと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Linda Ronstadt)


●Linda Ronstadt「Live In Hollywood」

突然に発表されたLinda Ronstadtのキャリア初となる公式ライブ盤である。彼女のキャリアの絶頂期後期である1980年にアメリカのTV局であるHBOの特別番組用に収録したスタジオライヴ音源が、2016年になって偶然発見されたことから本ライブアルバムのリリースにつながったとのことだ。よって音声は極めて高音質であり、彼女の声も伸びやかでバックバンドも当時の一流メンバーばかりで構成され最高の演奏を繰り広げている。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(ONE OK ROCK)


●ONE OK ROCK「Eye of the Storm 初回限定盤 (ジャケットステッカー付)」

ワンオクロックの2年ぶり通算9枚目となるオリジナルアルバムである。2015年の「35xxxv」がパワーとスピードのある曲が多く気に入っていたのだが、2017年の「Ambitions」でパワーとスピードが落ち、今作ではさらに一段とミディアム〜スローな曲が増えパワフルな曲が無くなり、じっくり聴かせるロックが主体となっている。今風の緻密な造りではあるのだが、もう少しパワーが欲しい気も(^^;。基本英語の歌詞だが、部分的に日本語が入るのが彼ららしくて良い。

| | トラックバック (0)

第61回グラミー賞


第61回グラミー賞が今日発表となった。主要4部門について簡単にご報告。

●Album Of The Year
Kacey Musgraves「Golden Hour」

●Record Of The Year
Childish Gambino「This Is America」

●Song Of The Year
Childish Gambino「This Is America」

●Best New Artist
Dua Lipa

カントリー/フォーク系シンガーソングライターのKacey MusgravesがAlbum Of The Yearを獲得したのは驚きかつうれしい。カントリー系ながらフォーク、ポップがほど良くブレンドされ、初期のTaylor Swiftの様でもある。Album Of The Yearに加えBest Country Albumなど合計4部門での最多受賞となった。またヒップホップ系のChildish Gambino「This Is America」がRecord Of The Year、Song Of The Yearと主要2部門を含む合計4部門での受賞と、Kacey Musgravesと並んで最多受賞となった。注目していたGreta Van FleetはBest New Artistsこそ逃したもののBest Rock Albumを獲得した。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Ariana Grande)


●Ariana Grande「thank u, next」

前作からわずか5ヶ月でリリースされたAriana Grandeの最新作である。先行シングル「thank u, next」、「7 rings」が全米シングルチャートで連続No.1ヒットになるなどまさに絶好調の彼女であるが、アルバムも非常に充実した内容となっている。それにしても「thank u, next」、彼女の元彼達の名前を挙げてthank uと歌っている内容で(もちろん多少の毒もあり)、リアルな彼女を感じられる曲となっている。ただし国内盤なのに歌詞・訳詞が2曲分しか収録されていないのはかなり残念である。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Weezer)


●Weezer「Weezer (Teal Album)」

突然デジタルリリースされたWeezerの初となるカバーアルバムである。2018年にロングヒットしていたTotoの「Africa」を始めとしてa-ha「Take On Me」、Electric Light Orchestra「Mr. Blue Sky」、Michael Jackson「Billie Jean」、Ben E. King「Stand By Me」など、あまりに有名な曲を中心に10曲を取り上げて、元曲に近いアレンジで演奏している。元の曲がいずれも良いだけに、若干のWeezerテイストも加わって文句なしに聴いていて楽しい1枚に仕上がっている。思わずヘヴィローテーションで聴いてしまうのであった。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Papa Roach / Bring Me the Horizon)


●Papa Roach「Who Do You Trust?」

カリフォルニア州出身のヘヴィロックバンド、Papa Roachの約2年ぶり通算10枚目となるニューアルバムである。久しぶりにメタルのがつんとくるロックを聴きたいなと思っていたので、本作はまさに待望の1枚となった。彼ららしいへヴィーかつキャッチーなメロディーが満載であるが、曲調が1曲毎に大きく変わるなど非常に挑戦的なアルバムに仕上がっていると感じる。

●Bring Me the Horizon「amo」

UK出身のロックバンド、Bring Me the Horizonの3年半ぶり通算6枚目のニューアルバムである。彼らのアルバムは前作から聴き始めたのだが、前作がメタル/パンク色が濃かったのに比べると本作は聴いて驚きの変化を遂げており、シンセを多用した緻密なエレクトロ/ダンス調の曲が主体となっており、まるで別のバンドのようである。本アルバムの評価はもう少し聴き込んでからにしたいと思うが、ただ変化を恐れずに大胆に変化していくその姿勢は素晴らしいと思う。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Maggie Rogers)


●Maggie Rogers「Heard It in a Past Life」

米メリーランド州出身の22歳のシンガーソングライターのデビューアルバムである。来週の全米アルバムチャートで上位チャートインが予想されていることからいったい誰?と興味を持ち調べてみたところ、2016年にファレル・ウィリアムスがニューヨーク大学で教鞭を執った特別授業で彼女が「アラスカ」の初期バージョンを披露し、ファレルが言葉を失う程に感心したことがきっかけでメディアから大きな注目を浴び始めたとのこと。日本においてもすでに2017年フジロックに出演している。フォークがベースのアーティストのようだが、本アルバムではかなりポップなアレンジがなされていて、キャッチーで聴きやすい。これからが楽しみな新人である。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Backstreet Boys)


●Backstreet Boys「DNA」

Backstreet Boysの結成25周年記念となる5年半ぶり通算9枚目のオリジナルアルバムが発表された。相変わらず彼ららしい最高のハーモニーを聴かせてくれており、極上のポップアルバムに仕上がっていると思う。モータウン系のソウル、ファンク調、アカペラナンバーとバリエーションにも富んでいる。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(XXXTENTACION)


●XXXTENTACION「Skins」

昨年6月18日に強盗事件に巻き込まれ銃撃されて亡くなったラッパー、XXXTENTACIONの未発表曲が収録されたサードアルバムである。前作「?」と同じ時期の録音が多いと思われ、雰囲気も同様なアルバムとなっている。私は普段ヒップホップはあまり聞かないのだが、彼の前作「?」には衝撃を受けた1人で、そのロック、フォーク、R&Bなどジャンルレスな音楽性には本当に驚かされた。そして静かなる美の世界を感じたのだった。ちなみに本アルバム、国内仕様盤を購入したが、解説はあるものの歌詞・訳詞が無いのは少し残念。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧