最近買ったCD(佐野元春 & THE COYOTE BAND)

●佐野元春 & THE COYOTE BAND「今、何処 (デラックス・エディション) (初回生産限定盤) 」

佐野元春 & THE COYOTE BANDの5枚目、6枚目となるニューアルバムである。デラックス版はCD2枚+DVD1枚で構成されているが、CDのうち1枚が最新作となる「「今、何処」で、もう1枚は今年ストリーミングで先行配信されていた「ENTERTAINMENT!」である。「ENTERTAINMENT!」も今回初めて聴いたので、CD2枚組の最新作を聞いている様な気分である。バンド演奏を基本とした勢いのあるロックナンバーを中心に構成されていて聴き応えたっぷりである。

|

最近買ったCD(オフコース / Shinedown)

●オフコース「Off Course 1982・6・30 武道館コンサート40th Anniversary」

今まで映像作品としてのみリリースされていたライブが初CD化されたと言うことで、久しぶりに彼らのライブを聴きたくなり本アルバムを購入してみた。本ライブは、1982年6月30日に「1982 OFF COURSE Concert“over”」ツアー・ファイナルとして日本武道館で行われたライブで、5人のバンドとしての演奏は今回の公演がラストとなったが、まさに彼らの絶頂期におけるライブといえる。今聴いてみると、当時は小田和正より鈴木康博のロック路線が好きだったことを思い出した。

●Shinedown「PLANET ZERO」

2003年デビューのフロリダ出身のハードロックバンド、Shinedownの最新作である。以前より気になっていたバンドであるが、アルバムを聞くのはこれが初めてとなる。視聴してみて、そのアグレッシブでダイナミックなロックサウンドにぐいぐいと引き込まれたことで、これはアルバムを買うしか無いなと(^^)。内容的にはコンセプトアルバムの様で、印象的なインタールードも多用され、近未来のSF映画を見ているかのような気分になる。今月一番のヘヴィロテの1枚になりそう。

|

最近買ったCD(Carrie Underwood)

●Carrie Underwood「Denim & Rhinestones」

USカントリー界の歌姫、Carrie Underwoodの最新作である。最近は毎年のように彼女のアルバムを聞いている気がするが、2020年の「My Gift」はホリデーアルバム、2021年の「My Savior」はクリスチャンアルバムと企画物が続いていたので、オリジナルアルバムとしては4年ぶりとなる。彼女の最近の傾向を反映して、かなりポップ色の濃いアルバムとなっていて、中にはロックテイストの曲もある。でも彼女の歌い方にカントリーを感じるな(^^)。

|

最近買ったCD(Drake)

●Drake「Honestly, Nevermind」

カナダ出身のラッパー、Drakeが1週間前にサプライズリリースした最新アルバムである。アルバムとしては7枚目となるが、今作は過去のヒップホップ路線とは一線を画し、なんとダンスミュージックアルバムに仕上がっているということで話題を呼んでおり、私も興味を持って久々に彼のアルバムを購入してみた。元々彼のラップスタイルは時に歌っているかの様であったが、今作では歌っている部分が更に増えており、ダンス色が少し濃いめのメローなR&Bアルバムという感じである。ダンスアルバムとして楽しめる1枚だと思う。

|

最近買ったCD(The Beach Boys)

●The Beach Boys「The Very Best of The Beach Boys: Sounds of Summer」

The Beach Boysのベストアルバムの定番として有名な「Sounds of Summer」であるが、今回The Beach Boysのデビュー60周年記念としてリマスター新装盤がリリースされたので、久しぶりにThe Beach Boysを聞いてみたくなり、CD3枚組のデラックス版(全80曲)を購入してみた。さすがにこれだけあると馴染みの曲は半分も無く、初めて聴く曲の方が多いかも。また他のアーティストでなじんでいる曲が、実はオリジナルはThe Beach Boysだったと気が付く曲も数曲ほど。

|

最近買ったCD(Jack Johnson)

●Jack Johnson「Meet The Moonlight」

サーフミュージックのJack Johnsonの5年ぶり通算8名目となるニューアルバムが届けられた。今作でも彼らしい心安らぐアコースティックなサーフミュージックをたっぷりと聴くことが出来るが、この蒸し暑い初夏の陽気の中で聞くと、サーフサイドの木陰で涼しい風に吹かれているような心地よさがある。つい先日の山下達郎のニューアルバムといいまさに夏の定番といえるアルバムだと思う。

|

最近買ったCD(Motionless In White)

●Motionless In White「Scoring The End Of The World」

ペンシルベニア州出身のメタルコアバンド、Motionless In Whiteの3年ぶり通算6枚目となるニューアルバムである。彼らの名は知っていたもののまだアルバムは聞いたことが無かったが、本アルバムが最新全米アルバムチャートで12位にチャートインしたことから興味を持って試聴してみたところ、久々に聞くがつんとくるメタルロックが実に心地よく、思わずアルバムを入手したのだった。曲調もヴォーカルスタイルも多彩に変化し、スクリーモ的なシャウトから美しいバラードまで、ゴシックメタルのダークな雰囲気もあり聞いていて飽きない。

|

最近買ったCD(山下達郎)

●山下達郎「SOFTLY (初回限定盤)」

山下達郎の11年ぶりとなるオリジナルアルバムである。全15曲中、CMや映画の主題歌などタイアップ曲が11曲あり、先日の小田和正のニューアルバムと同様、ここ11年間のベストアルバムといった内容であるが、彼らしい夏の雰囲気のある曲も多く(中でも「CHEER UP! THE SUMMER」はまさに夏に向けての応援歌)、この蒸し暑い初夏に向けて最高のプレゼントと言える1枚である。なお初回生産限定盤のみプレミアムCDとして、2021年12月3日に行われた「サンデー・ソングブック1500回記念」のアコースティック・ライブ7曲が収録されたCDが付属している。それにしても現在69歳になる彼であるが、その声は若い頃から全く変わっていないように感じる。

|

最近買ったCD(Zach Bryan)


●Zach Bryan「American Heartbreak」

オクラホマ州のカントリー系シンガーソングライター、Zach Bryanのメジャーデビューアルバムである。2022-06-04付けの全米アルバムチャートでいきなり5位に初登場したことから、本アルバムに興味を持って試聴してみたところ、ハーモニカを交えたギター弾き語りのスタイルはカントリーと言うよりもフォークに近いと感じ、随分と気に入ってアルバムを購入したのだった。それにしてもCD2枚組34曲入りとはすごいボリュームだ。ブルーグラス的な曲もあれば、ウェストコーストロック、ブルース的な曲もあり、まさにこれぞアメリカングッドミュージックといったところ。

|

最近買ったCD(小田和正)

●小田和正「early summer 2022 」

小田和正の8年ぶりとなる最新作が発売予定日の2日前に届いたので早速聞いてみた。全9曲、CMやテレビ番組のテーマ曲などタイアップ曲がほとんどで、本アルバム用に新たに書き下ろされた曲は無さそうということで、言ってみればこの8年間のベストアルバムと言えるのかもしれない。ただテレビはあまり見ない自分にとっては、全てが初めて聞く曲で新鮮な思いで聴くことが出来た。現在74歳になるが、そのハイトーンボイスは相変わらず伸びやかで艶やかなのはさすが。

|

より以前の記事一覧