最近買ったCD(All Time Low)


●All Time Low「Last Young Renegade」

人気ポップパンクバンド、All Time Lowの2年ぶり通算7枚目となるニューアルバムである。アルバム毎にだんだんとパンク色が薄れポップロック系になってきていた彼らであるが、本作ではほぼパンク色が無くなり、かつテンポもミディアム系が主体となり勢いのある曲は数曲しか無い。でもアルバム全体の出来は極めて良く、なんと言っても全編にただようさわやかさは彼らならではのもの。ところで本アルバム、全米アルバムチャートで9位とTop10入りしたが、これで彼らのアルバムは5枚連続でTop10入りしたことになる。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Lindsey Buckingham Christine Mcvie)


●Lindsey Buckingham / Christine Mcvie「Lindsey Buckingham / Christine Mcvie」

70年代を代表するロックバンドの一つ、Fleetwood Macの黄金期のメンバーであるLindsey BuckinghamとChristine Mcvieの2人による初のデュオアルバムである。Fleetwood MacのメンバーのMick FleetwoodとJohn McVieもリズムセクションとして演奏に参加しているので、ヴォーカルにStevie Nicksがいないだけでサウンド的にもまさにFleetwood Macの今と言っても良い内容となっている。Fleetwood Macの「噂」が好きだった人ならマストバイな1枚といえる。まさにグッドミュージック。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(佐野元春)


●佐野元春 & The Coyote Band「Maniju」

佐野元春 & The Coyote Band名義としては4作目、2年ぶりとなるニューアルバムがリリースされた。前作がロックアルバムだったのに比べると、今作はフォーク、ロック、サイケ、ソウルなど様々な音楽がミックスされたポップアルバムに仕上がっていると感じる。サイケの雰囲気が随所にあり、どこか懐かしさを感じさせてくれる。また2曲目でのVisitorsの頃のような語り(ラップ?)もかっこいい。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Jason Isbell)

●Jason Isbell & The 400 Unit「The Nashville Sound」

元Drive-By Truckersのメンバーでアラバマ出身のシンガーソングライター、ルーツロッカー、Jason Isbellのソロ6枚目となるニューアルバムである。
前作がフォーク寄りの作風だったのに比べると、今作はヘヴィーなサザンロックからアコギの弾き語りバラード、カントリーまでバラエティに富んだ仕上がりになっていると感じる。前作「Something More Than Free」は全米チャートで6位、今作も4位を記録するなどあちらでは彼の人気が最近急に高まってきているが、日本ではほぼ無名というのは少し残念。それにしても彼のその真っ直ぐで真面目な姿勢はとても共感するなあ。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(LOVE PSYCHEDELICO)


●LOVE PSYCHEDELICO「LOVE YOUR LOVE」

グループ結成20周年を迎えたLOVE PSYCHEDELICOの4年ぶりとなるニューアルバムである。LOVE PSYCHEDELICOのアルバムを聴くのはもしかして10年ぶり位になるかも知れない(^^;。本作のリリースを知り視聴してみたところ、そのLOVE PSYCHEDELICOらしいポップなサウンドが実に心地よく、久しぶりに購入してみた。日本語を歌っていても皆英語歌詞のポップスに聞こえるのはさすがというところ(^^)。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Calvin Harris)

●Calvin Harris「Funk Wav Bounces VOL. 1」

DJ/EDMプロデューサーのCalvin Harrisの3年ぶりとなるニューアルバムである。彼のアルバムを聴くのはこれが初めてであるが、本作の評判が良いので視聴してみたところ、まるで70年代から80年代のディスコの頃を思い出させるようなファンクビートがたまらなく、早速アルバムを入手してみた。まるでDuft Punkの傑作「Random Access Memories」の様な雰囲気もある。また共演者もFrank Ocean、Pharrell Williams、Ariana Grande、Katy Perry、John Legendを始めとしてあまりに超豪華である。全編が軽やかなポップファンクということで今年の暑い夏に向けてお勧めの1枚。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Stone Sour)


●Stone Sour「Hydrograd」

SlipknotのCorey Taylor率いるもう一つのハードロックバンド、Stone Sourの4年ぶり通算6枚目となるニューアルバムである。今作はひと言で言えばバラエティに富んだアルバムとなっていて、ハードロックやヘヴィーメタルからロックンロール、バラード、さらにはカントリー系の曲までと多彩な曲で構成されている。全体としてヘヴィーさやメタルさは抑えめに、ロックンロールに近いロックが多くなっているのかなと感じる。でも今の時代、彼らの正統派ロックは聴いていてやっぱり心地よいのである。ところでBonus Trackに収録されているVan Halenのカバー曲「Unchained」はいいね(^^)。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Imagine Dragons)

●Imagine Dragons「Evolve」

ラスヴェガス出身の4人組ロックバンド、Imagine Dragonsの2年ぶりとなるサードアルバムである。過去2枚のアルバムの大成功で名実ともにトップクラスのロックバンドとなった彼らであるが、本作では一回りスケールアップした彼らのサウンドをたっぷりと聴くことが出来る。メンバーがいわく本作はかれらにとってカラフルなアルバムとのこと。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(loco frank)


●loco frank「Way」

国内インディーズメロディックパンクロックバンド、loco frankの最新アルバムは6曲入りのミニアルバムだった。アルバムとしては1年半ぶり、ミニアルバムとしては5年ぶり4枚目となるようだ。5曲目の「WE ARE ALL ALONE」はBoz Scaggsで知られる名曲のカバーだが、そのパンク版も哀愁度たっぷりで良い感じである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Rise Against)


●Rise Against「Wolves」

シカゴ出身の4人組メロディックパンクロックバンド、Rise Againstの3年ぶり通算8枚目となるニューアルバムである。2006年の「The Sufferer & the Witness」から彼らを聴いているのだが、疾走感こそ徐々に落ちてきているもののそのハードコア寄りの音楽性は常に一貫したものがあるなあと改めて感じる。国内では無名に近いバンドであるが、あちらでは本作を含め5作連続全米チャートTop10入りするなど安定した人気を誇るバンドである。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧