最近買ったCD(Slash)


Slash「Orgy Of The Damned」
ギーターヒーローであるSlashのソロとしては14年ぶりとなるアルバムは、ブルースとソウルの名曲をカバーしたブルースロックアルバムであった。しかも1曲毎にGary Clark Jr、Billy F. Gibbons(ZZTop)、Chris Stapleton、Demi Lovatoを始めとする多彩なゲストとコラボする超豪華な内容となっていて実に楽しい。

|

最近買ったCD(Cage the Elephant / Kings of Leon)

Cage the Elephant「Neon Pill」
ケンタッキー州出身のロックバンド、Cage the Elephantの5年ぶり通算6枚目となるニューアルバムである。今作も彼ららしい前衛的でありながらきらめくポップセンスに満ちたアルバムに仕上がっていると思う。いずれの曲もエッジが立ったアレンジで、個性的かつ斬新である。

Kings of Leon「Can We Please Have Fun」
南部のストロークスとも称されるナッシュビル出身の4人組バンド、Kings Of Leonの3年ぶり通算9枚目となるニューアルバムが届けられた。サザンロックとモダンロックが融合した彼らのギターロックは聴いていて実に心地よく、蒸し暑い夏の夜に聞きたいアルバムといえる。

|

最近買ったCD(The Jazz Agengers)


The Jazz Agengers「8 Steps」
最近になってThe Jazz Agengersのことを知り、じっくりと聴いてみたいと思いCDを購入してみた。ドラマー川口千里を中心とした8人からなる女性トップミュージシャンジャズバンドのセカンドアルバムで、ジャズ/フュージョンを中心に時にファンク、プログレっぽさも混じる勢いのある心地良いフュージョンアルバムとなっている。Sax奏者が4人いるので、分厚いSaxの音色も特徴的だと思う。全体の雰囲気は懐かしのフュージョンバンド、Spyro Gyraに通じるものを感じるなあ。

|

最近買ったCD(Benson Boone)


Benson Boone「Fireworks & Rollerblades」
USワシントン州出身で現在21歳のポップ系シンガーソングライターのデビューアルバムである。エモーショナルな歌唱が印象的で、シングル「Beautiful Things」は既に全米Hot100で2位を記録するなど大ヒットとなっている。今最も注目を集めているニュースターと言える。

|

最近買ったCD(Riot)


Riot「Mean Streets」
米国出身で1975年結成のパワーメタルバンド、Riot(海外ではRiot Vを名乗っている)の6年ぶり通算17枚目となるオリジナルアルバムである。実は彼らの名前は知っていたものの、アルバムは過去に多分聞いたことが無かった(^^;。このところメタル系のアルバムを聞いていないので、がつんとくるメタルアルバムを探していたところ、本アルバムにたどり着いたのだった。メロディアスでとても聴きやすいメタルだと思う。

|

最近買ったCD(Beyonce)


Beyonce「Cowboy Carter」
Beyonceが初となるカントリーアルバムをリリースした。前作「Renaissance」のact IIという位置付けの本アルバムで、前作aci Iでも従来のポップなR&Bという路線からダンス/EDM路線に大きく振り切ったアルバムとなっていたが、次のact IIではまさかの全面カントリーということで、まさに衝撃的と言っても良い内容となっている。しかもポップカントリーと言うよりは古き良きカントリー、トラッドフォークの雰囲気もあり、芸術的な面でも高い評価を受けそうである。次回グラミーでは最優秀アルバムの最有力候補か。Willie Nelson、Dolly Parton、Miley Cyrus、Post Maloneなど超豪華ゲストも参加している。本シリーズは3部作の様なので、次のact IIIではどのジャンルに挑戦するのか楽しみである。個人的には彼女のJazzも聞いてみたい。

|

最近買ったCD(Dua Lipa / Sia)


Dua Lipa「Radical Optimism」
UKロンドン生まれの(両親はアルバニア人)現在最もホットなポップアイコンの1人であるDua Lipaの待望のサードアルバムである。少し低音の印象的なヴォーカルに、キャッチーなダンスポップが特徴の彼女であるが、今作でもそんな彼女の魅力爆発の最高のダンスポップアルバムに仕上がっている。なお国内盤のボーナストラックにはLondon Sessionsとして「Houdini」などの別バージョン3曲が収録されている。

Sia「Reasonable Woman」
オーストラリア出身の女性シンガーソングライター、Siaの8年ぶりとなるオリジナルアルバムである。今作でも彼女の類い稀なメロディーセンスに味わい深い個性的なヴォーカルは相変わらず素晴らしいと思う。なお本作ではChaka Khan、Kylie Minogue、Paris Hilton、Labrinthなど多くの多彩なゲストを迎えて制作されているのも特徴となっている。

|

最近買ったCD(Maggie Rogers)


Maggie Rogers「Don't Forget Me」
米メリーランド出身のシンガーソングライター、Maggie Rogersのサードアルバムがリリースされた。前半がポップなナンバー、後半がバラード中心に構成されているが、いずれも彼女らしい雰囲気の曲だと感じる。ただ聞いていてちょっと気になる点があるのだが、時々歌声の音程が微妙にずれることがあり、そのたび違和感を感じてしまう(^^;。私だけ?。

|

最近買ったCD(Nofx)


Nofx「Half Album」
ベテランパンクロックバンド、NOFXの最新EPである。2021年の「Single Album」、2022年の「Double Album」に続くもので、同時期にレコーディングされたナンバー5曲が収録されている。彼らの曲のほとんどが1分から2分であるが、今作では珍しく6分を超える大曲があってびっくり。またメンバーのFat Mikeが日本のパンクバンド、Hi-Standardに提供した「I’m a Rat」のセフルカバーも収録されている。

|

最近買ったCD(locofrank)


locofrank「READY?」
国内パンクロックバンド、locofrankの2022年リリースの6曲入りミニアルバムである。2013年の「THE ANTHEMS」で彼らを知って以来、アルバムは毎作聞いていたが、本ミニアルバムについてはリリースに気が付かず、今になって聞いている(^^;。結成20年を迎え、ドラムが新メンバーとなっているが、基本路線は従来と変わらず、疾走感あふれるメロディックパンクが実に心地よいアルバムである。

|

より以前の記事一覧