最近買ったCD(Foo Fighters)


●Foo Fighters「Concrete and Gold」

ロックバンド、Foo Fightersの通算9枚目となるオリジナルアルバムが9月15日に全世界同時発売となった。キャッチコピーに「バンド史上最もラウドで、最も美しい作品」とあるが、ハードからミディアム、バラードまで多彩な楽曲で構成されていて、彼ららしいといえば彼ららしい。また随所で聞かれる重厚なハーモニーやストリングスなどBeatlesを思わせる部分も多い。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Fifth Harmony)


●Fifth Harmony「Fifth Harmony」

人気オーディション番組「The X Factor」US版の第2シーズン出身の4人組ガールズグループ、Fifth Harmonyのサードアルバムである。昨年12月にメンバーだったCamila Cabelloがグループを脱退したことでFifthでは無くなったが、さすがに人数に合わせてグループ名を変える訳にはいかないし(^^;。4人になっても素晴らしいハーモニーは相変わらずで、少し大人っぽい雰囲気が増した極上のポップアルバムに仕上がっていると思う。ちなみに本アルバム、先週の全米アルバムチャートで4位初登場しており、過去3枚のアルバムが全てチャート5位内という大人気ぶりである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Jack Johnson)


●Jack Johnson「All The Light Above It Too」

サーフミュージックの第一人者、Jack Johnsonの4年ぶり通算7枚目のオリジナルアルバムがリリースされた。路線に大きな変更はなく、彼らしいハワイのビーチの雰囲気たっぷりのリラックスした癒やしのサウンドが心地よい。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Shogo Hamada & The J.S. Inspirations)


●Shogo Hamada & The J.S. Inspirations「The Moonlight Cats Radio Show Vol. 1」

●Shogo Hamada & The J.S. Inspirations「The Moonlight Cats Radio Show Vol. 2」

浜田省吾とそのツアーバンド、The J.S. Inspirationsによる洋楽カバーミニアルバムが2枚同時発売された。各6曲入り、主に60年代から70年代の曲が取り上げられている。インスツルメンタルナンバーやバンドの女性がヴォーカルを取った曲もあり、浜田省というよりはあくまでバンドが中心となっているアルバムかなと感じた。最初は買う予定では無かったが、視聴してみたらその楽しい雰囲気にノックダウン(^^)。古い曲ばかりなので、私と同じ年代(50歳代)にはたまらないアルバムだと思う。良くを言えば1曲目に少しだけ入っているDJが、山下達郎のCome Alongシリーズのように全曲のつなぎに入っているとモアベターだったかな。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Queens Of The Stone Age)


●Queens Of The Stone Age「Villains」

カリフォルニア州出身のハードロックバンド、Queens Of The Stone Ageのキャリア初の全米No.1を記録した前作に続く通算7枚目のオリジナルアルバムである。ちなみに本アルバム、今日発表の全米アルバムチャートで3位に初登場している。プロデューサーにマーク・ロンソンを迎えて作成されたということでどんな音になるか興味だったが、彼らのロックにうまく融合していると感じる。ハード過ぎず、かといって甘さもなく、聴き応え十分のロックアルバムである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Neck Deep)


●Neck Deep「The Peace And The Panic」

UK出身のポップパンクバンド、Neck Deepのサードアルバムである。2015年の前作「Life's Not Out to Get You」から彼らを気に入って聴いているが、前作が全米アルバムチャートで最高位17位だったのに対して本作は4位にチャートインするなど着実に人気を高めており、最近の低迷気味のポップパンクロック界に登場した活きの良いニューバンドということで、彼らの活躍はうれしい限りである。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(桑田佳祐)


●桑田佳祐「がらくた(初回生産限定盤B)」

桑田佳祐のソロ活動30周年記念、6年半ぶりとなるソロ通算5枚目のニューアルバムが発売日前日に届いた。タイトル通り彼の多彩な音楽性がごちゃごちゃに混じった内容になっていて、彼のソロとしての音楽活動の集大成と表現しても良いアルバムになっていると思う。中でもとりわけ彼のバラードは味わい深く、「君への手紙」、「ほととぎす [杜鵑草]」の2曲は自分の心の琴線に触れる曲である。なお全15曲中8曲がCMや番組主題歌等のタイアップ曲となっている。まるで文庫本の様な120ページのブックレットや本アルバム収録曲中8曲のライブ映像が付属していたりと特典も超豪華。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(DJ Khaled)

●DJ Khaled「Grateful」

DJ Khaledはパレスチナ系アメリカ人で、DJ/プロデューサーとして本作が10枚目となる。私自身ヒップヒップ系の音楽は積極的に聴くことは無いのだが(例外として歌うラッパーDrakeはかなり好き)、本アルバムに関してはJustin Bieberをフューチャーした「I'm the One」とRihannaをフューチャーした「Wild Thoughts」というポップ路線の曲をとても気に入っていたことから購入してみた。本アルバムはCD2枚組となっていて、1枚目が「I'm the One」、「Wild Thoughts」を含むポップな仕上がり、2枚目はラッパーを大量にフューチャーしたディープなヒップホップという構成になっている。多分2枚目はそれほど聴かないと思うが(^^;、1枚目にはJustin Bieber、Rihanna、Beyoncé、Alicia Keys、Calvin Harrisを始めとして今を代表する超豪華アーティストが勢揃いという感じでポップ/ダンス系のご機嫌な1枚となっている。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(Kesha)

●Kesha「Rainbow」

Keshaの4年ぶり通算3枚目のニューアルバムである。2009年の「Tik Tok」のNo.1ヒットでデビューして以来、7曲連続Top10ヒットを放つなど大活躍していた彼女であったが、元プロデューサー、ドクター・ルークからの様々な虐待に対して訴訟を起こしたことから活動停止を余儀なくされていた。そして復帰作となる本作からの先行シングル「Praying」は、そんな辛い思いを乗り越えた彼女の思いが込められたものとなっている。今作の作風だが、Eagles Of Death Metalをフューチャーしたロックナンバーからカントリーの大姉御、Dolly Partonを迎えたナンバーまでと非常にバラエティに富んだ意欲作となっている。

| | トラックバック (0)

最近買ったCD(311)


●311「Mosaic」

米ネブラスカ出身のミクスチャーロックバンド、311の3年ぶり通算12枚目となるニューアルバムである。パンクロックにレゲエやラップの要素を盛り込んだスタイルが個性的である。レゲエビートの曲も多く、蒸し暑い夏にぴったりの1枚となっている。ところで日本での知名度はあまり高くない彼らであるが、あちらでは絶大な人気を誇っており、本アルバムも全米アルバムチャートで初登場6位、そして本アルバムを含めてなんと連続9作が全米アルバムチャートのTop10に入っているのである。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧