販売士1級 5年毎の更新


現在、販売士の資格はあまり有効活用していないので、更新するメリットがあるか悩んだが、とりあえず今回だけは更新してみることにした。オンラインでテストを受ける場合、全25問の問題に対して5割以上正解すれば更新完了となる。送られてきたテキストと指定された動画を見ておけば大丈夫な内容であった。

|

ALL IN ONE オールインワン パーフェクトマスター ITストラテジスト 2024年度版

「情報処理技術者試験 ALL IN ONE オールインワン パーフェクトマスター ITストラテジスト 2024年度版」 ‎ TAC情報処理講座 / TAC出版
今年4月のITストラテジスト受験に向けてさっそく購入したのが本書である。午前II、午後Iを早めに終わらせて、毎度課題である午後IIの小論文対策に出来るだけ時間をかけたいと思う。

|

情報処理技術者試験 令和6年度春期試験申し込み

4月の予定がまだはっきりしていないものの、試験の申込期限が2月7日に迫ってきているので、とりあえず申し込みを済ませた。受験するのはITストラテジストである。昨年の試験では午後Iまで通過出来たので、今年こそは午後IIの突破をぜひ目指したいと思う。

|

情報処理安全確保支援士オンライン講習(2022年度)


情報処理安全確保支援士に年1回受講が義務付けられているオンライン講習(2022年度)をやっと終わらせることが出来た。今回は細切れの時間しか使えず、妙に疲れた(^^;。さて来年は再び更新年度となる。来年度に必要な講習費用は10万円(^^;。更新するか悩むところである。

|

理論政策更新研修会


今日、松本で開催された中小企業診断士の理論政策更新研修会を受けてきた。研修の内容はとても参考になるもので刺激になった。ところでこの時期の研修はいつも冷房の効きすぎに悩まされるのだが(私は普段冷房のない生活をしているので、効き過ぎる冷房は大の苦手)、今回は冷房は控えめで助かった。

|

ITストラテジスト試験の結果


今日の正午、令和5年度春期情報処理技術者試験の合格発表があった。私が受験したITストラテジストは、午前IIが76点、午後Iが62点、午後IIがDで午後IIで落ちてしまった。まあ午後IIの小論文は全く字数が足りていなかったのでこれは覚悟していたが、午後Iがここ2回足切りだったので、ここが突破出来たのはうれしい。
Fujimori World : IT資格情報 : 情報処理技術者試験

|

ITストラテジスト午後I解答例


解答速報 令和5年度春期試験|情報処理|資格の学校TAC[タック]
TACのサイトで午後Iの解答例が公開されたので、早速チェックしてみた。甘めの採点で60%とぎりぎり(^^;。どっちに転ぶか、合格発表を待ちたいと思う。

|

情報処理技術者試験受験


今日行われた令和5年度春期情報処理技術者試験を受けてきた。受験したのはITストラテジストである。2019年、2022年と2回続けて午後Iで足切りだったので、少なくも午後I突破、さらには午後II突破も狙えたらと思っていたが、結果は午後IIは過去一番と言っても良い惨敗だった(^^;。ああ、論文対策、何か考えなくては(^^;。
午前Iは免除。午前IIはいつもながら過去問も多く受験直後の感触としては80%ほど。午後Iは問2と問3を選んだが、問2では問題文のどこから回答して良いのか不明確な問が多く回答に1時間もかかってしまい、慌てて問3に取りかかりなんとか全問回答は埋めたものの、トータルの感触は60%弱と言ったところ。午後IIは予想していた全体戦略やDXにかすりもせず、なんとか書けそうな問2「個別システム化計画におけるシステムリスク対応方針の立案について」を書き始めたものの、準備論文とテーマが異なりすぎてイ、ウ共字数足らずで終わってしまった。私の周りでもあまり筆が動いていない人が多かった気がするので、今回書けた人はチャンスが大きいかも。
帰ってきてIPAサイトを見たら午前問題の解答例が載っていたので早速チェックしてみたところ、19/25の76%だった。午後IIは×なのは確定だが、午後Iが久々に突破出来るか、発表を待ちたいと思う。

|

ITストラテジスト合格副読本

「2023年 ITストラテジスト合格副読本 Kindle版」 Nao

iTストラテジストに合格された方が個人で電子出版された合格副読本である。IT系の仕事をされており、安全確保支援士は合格済み、中小企業診断士の二次試験に挑戦中ということで、私も似た環境かなと言うことで興味深く読ませていただいた。受験の際のキーポイントがコンパクトにまとめられており、「副読本」としてサクッと読むには値段なりのちょうど良い内容となっている。午後II対策は、どんな切り口で問われても解答できるマルチツール論文を5本作成を目標とあるが、確かにその通りだと思う。また合格した際の再現論文も載っているので参考になる。それにしても自己出版の敷居が本当に下がったのだなと言うことも強く感じた。

|

情報処理教科書 ITストラテジスト 2022~2023年版

「情報処理教科書 ITストラテジスト 2022~2023年版」 広田 航二 / 翔泳社

今春のiTストラテジスト受験に向けての参考書として本書を入手した。本試験に向けての参考書はTACやアイテックのものを使うことが多く、翔泳社の本書は合格テク本の印象が強く避けてきたが、合格に少しでも近づけるならと思い(^^;、今回選択してみた。今年は是非少しでも早くから勉強に着手したいと思う。

|

より以前の記事一覧