守屋山登山

自宅から見える信州の里山、守屋山にこの春になってからは初めて登りに出かけて来ました。杖突峠登山口から東峰をピストンでしたが、残雪やぬかるみが心配でしたが、すっかり乾いていて歩きやすいコースでした。
花は分杭平の保護柵の中でミズバショウとザゼンソウが咲いていましたが、そのほかはダンコウバイくらいで、花はまだこれからという感じでした。
この日はちょうど高遠城址公園の桜も見頃を迎えた週末と言うこともあり、高遠城址公園の桜と守屋山登山の両方を楽しむ登山者もおそらく多かったのではないでしょうか。
Youtube_20240417233701

|

諏訪市高島公園・上川の桜

隣の町である諏訪市の高島公園と上川(諏訪市四賀赤沼の辺り)の桜を楽しみに出かけて来ました。桜はすっかり見頃を迎えていて、満開の桜をたっぷりと楽しむことが出来ました。高島公園内の高島城天守閣にも久しぶりに入場して展望を楽しみました。帰りに上川沿いの桜並木と河川敷の水仙(地元の有志の方が育ててくれているようで感謝です)のコラボも楽しむことが出来ました。
Youtube_20240415173001

|

乗鞍テレマークBC

出かけるタイミングが合わず、なんと3ヶ月ぶりとなる乗鞍にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。
ぽかぽか陽気が続いていて、乗鞍でも問題無くざらめが楽しめると期待して出かけたのですが、第一候補の剣ヶ峰はまだ緩みが少なくちょっとリスキーかなと思い、日当たりの良い滑り台斜面を滑ってみましたが、全面快適ざらめで最高に楽しかったです。
Youtube_20240414214001

|

八方尾根 テレマークBC

今シーズン4回目となる八方尾根にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。前日の大雨が標高の高いところでは雪に変わった可能性があり、もしかしてラッセルするほどのパウダーがあったらとかすかな期待をしていましたが(^^;、無名沢上部の2361ピークでも新雪は数センチほどで、さらさらではなくパックパウダーでした。それでも真っ白な斜面を滑るのは気持ち良く、もしかして今シーズン最後の新雪を楽しむことが出来ました。
最後は白馬八方尾根スキー場のゲレンデに戻りながら尾根上を滑りましたが、下るほどに雪は緩んで快適ざらめとなり楽しく滑ることが出来ました。
Youtube_20240412220701

|

高遠城址公園の桜

ほぼ例年並みの時期の開花となった長野県 高遠城址公園の桜を見に出かけて来ました。昨日は8分咲きとのことでしたが、この日は待望の満開宣言が出され、公園内全域で見頃の桜を楽しむことが出来ました。この週末も天気が良さそうですので、大混雑の予感(^^;。
Youtube_20240411171001

|

栂池船越の頭テレマークBC

4月に入ったので、そろそろざらめ狙いで栂池船越の頭の斜面にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。栂池高原スキー場からゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで、栂池自然園経由で船越の頭の稜線近くまで登り、稜線までは行かずに少し手前でドロップしましたが、まだ滑っている人も少ない時間帯で、快適ざらめの面ツルバーンを思う存分滑ることが出来ました。Youtube_20240407140801

|

三峰山テレマークBC

霧ヶ峰と美ヶ原の間にある三峰山に、今シーズン初めてバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。今シーズンより旧道和田峠が除雪されなくなり通行止めとなってしまったため、アプローチが長くなったことで足が遠のいてしまいましたが、このタイミングを逃したら今シーズンはもう滑れないと思い、出かけて来ました。中山道を使って和田峠経由で登りましたが、やはりちょっと遠いなと言うのが正直なところです(^^;。
登山道の雪は所々途切れていて、全行程スキーで歩くのはもう無理です。道路もすっかり除雪が完了していて、道路を滑ることも出来ませんでした。よって歩く距離が長く疲れました(^^;。
なお三峰山の東斜面は山頂から道路まで雪がつながってきて、全面快適ざらめ斜面を気持ち良く滑ることが出来ました。
でも雪解けがかなり進んでいますので、今シーズンはおそらくこれが最後なのではと感じます。来シーズンはぜひパウダーの時期に訪れたいです。
Youtube_20240331235501

|

縞枯山テレマークBC

一昨日から前日朝にかけての大雪に期待して、地元の八ヶ岳の縞枯山に再びバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。
昨日の新雪は20cmから樹林帯で30cmほどもあり、今朝までの強い冷え込みで良い状態で保存されていて、季節外れのディープパウダーを楽しむことが出来ました。
Youtube_20240323085301

|

蓼科山テレマークBC

3月に入って何度か南岸低気圧による降雪があり、蓼科山の積雪もかなり増えたことを期待して今シーズン2回目の蓼科山にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。
白樺高原国際スキー場のゴンドラで上に上がり、そこから登山道を経由して山頂まで登り、稜線からドロップ。疎林帯を経由して北面オープンバーンを滑り降り、その後登山道に復帰して登山道周辺を滑ってゲレンデに戻りました。
上部は全体的に風の影響を受け、新雪が飛ばされてガリガリだったりパックされている部分もありましたが、風の影響を受けにくい斜面や樹林帯は柔らかいパウダーが保存されていて、楽しく滑ることが出来ました。
Youtube_20240317131101

|

八方尾根テレマークBC

今シーズン3回目となる八方尾根にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。2日前の大雪に期待したのですが、降ったのは湿った雪だった様で、朝はどこも表面がクラストしていて、2361ピークまで登りましたがさらさらパウダーはどこにも無し(^^;。結局八方沢上部まで引き返し、南面を滑りましたが、こちらは日差しもあって30cmほどのもっさりの柔らかい湿雪で気持ち良く滑ることが出来ました。最後は白馬八方尾根スキー場のゲレンデに戻りながら斜面を滑りましたが、朝はクラスト気味だった表面が緩んで、意外とパウダー感のある滑りを楽しむことが出来ました。
Youtube_20240308233101

|

より以前の記事一覧