黒本 四


「黒本 四 Kindle版」 高城剛

高城剛メールマガジン「高城未来研究所 Future Report」の中の人気コーナーである読者とのQAを再編集したものが本電子本シリーズである。白本シリーズは表社会を扱っているが、この黒本シリーズは世の中のダークサイドの話題を交えながらの話となっていて、読んでいてとても興味深いものが多い。

| | トラックバック (0)

会社四季報 業界地図 2019年版


「会社四季報 業界地図 2019年版 Kindle版」 東洋経済新報社

国内166の様々な業界を取り上げ、業界規模、業界動向、主要企業の勢力関係等を見開き2ページで簡単に紹介している。最新の業界動向をさくっと知るにはうってつけの1冊である。

| | トラックバック (0)

身のまわりのすごい技術大百科

「雑学科学読本 身のまわりのすごい技術大百科 Kindle版」 涌井良幸、涌井貞美 / KADOKAWA/中経出版

身近な様々なものを取り上げて、そのすごい技術や仕組みを簡単に紹介している1冊である。新幹線の顔の変遷の理由、変速エスカレーターの仕組み、ヒートテックの仕組みなど、雑学的な要素も多いが読んでいて純粋に楽しい科学解説本である。

| | トラックバック (0)

ネイティブはこう使う!マンガでわかる時制・仮定法

「ネイティブはこう使う!マンガでわかる時制・仮定法 Kindle版」 デイビッド・セイン / 西東社

今日のKindleストアの日替わりセールで99円で販売されている電子書籍である。英語の表現において、日本人にはなかなか分かりづらい時制の表現を、マンガでとても分かりやすく説明してくれている。現在形と現在進行形の意味の違い、今までほとんど気にもしていなかった(^^;。

| | トラックバック (0)

半生の記

「半生の記 Kindle版」 松本清張 / 新潮社

先に紹介した「リーダーの教養書」の中で紹介されていた1冊が本書である。私自身、著者の推理小説はベストセラーとなった本を中心に何冊か読んだことがあるが、それにしても彼が若い時代これほどまでに極貧の日々を過ごしていたとは驚きである。ベストセラー作家としての彼しか知らない人にはぜひお勧めしたい1冊。

| | トラックバック (0)

リーダーの教養書

「リーダーの教養書 (NewsPicks Book) Kindle版」 幻冬舎

1週間ほど前のKindleストアの日替わりセールで699円で販売されていた書籍である。出口治明氏を始めとした11名の選者による様々なジャンルの教養書のガイドブックとなっている。時代や国を超えた知こそが教養であり、今の時代のビジネス書の多くはジャンクフードとしての知と切り捨てる骨太の内容となっている。全130冊が紹介されているが、ちなみに私がすでに読んだことのある本は10冊も無かった(^^;。まだまだ遠い道のりである。

| | トラックバック (0)

かんたん解説!! 1時間でわかる ガス自由化入門


「かんたん解説!! 1時間でわかる ガス自由化入門 (NextPublishing) Kindle版」 江田健二

以前に同じ著者による電力自由化のかんたん解説本を読んでいたこともあり、同じシリーズのガス自由化についても興味を持ち読んでみた。100ページほどの内容で本当に1時間でさくっと読める内容となっていた。分かりやすく、入門書としてはお勧めの1冊。

| | トラックバック (0)

治療ゼロの歯科医療をめざして


「治療ゼロの歯科医療をめざして 「トータルヘルスプログラム」が変える日本の歯科医療 (NextPublishing) Kindle版」 辻村傑

痛くなったら直すという日本の従来の歯科の治療方法に疑問を投げかける1冊である。治療ゼロの歯科医療には個人的にも共感できる点は多い。

| | トラックバック (0)

肩こりすっきり スロー空手ストレッチ

「肩こりすっきり スロー空手ストレッチ Kindle版」 髙橋優子 / プレジデント社

9月7日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで599円で販売されていた電子書籍である。40代までは肩こりは全く無かったのだが、最近は自分でも肩が凝ったなあと感じることが多いため(^^;、興味を持って本書を読んでみた。空手のポーズを上半身のストレッチに応用するもので、簡単なので時々ストレッチしてみようと思う。

| | トラックバック (0)

眠れなくなるほど面白い 図解 数学の定理 Kindle版

「眠れなくなるほど面白い 図解 数学の定理 Kindle版」 小宮山博仁 / 日本文芸社

今日のAmazon Kindleストアの日替わりセールで299円で販売されている書籍である。そういえば最近数学から少し遠ざかっていたなあと思い、興味を持って読んでみた。ちなみに図も多く固定レイアウトのため、小さい画面では読みにくいと思うので、タブレットまたはPC画面上でみることを推奨。遙か前の仕事では三角関数や微分積分などはごく普通に使っていたが、もう遠い昔である(^^;。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧