経営参謀としての士業戦略

「経営参謀としての士業戦略 AI時代に求められる仕事 Kindle版」 藤田耕司 / 日本能率協会マネジメントセンター

弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、弁理士といった士業が、これからのAI時代にどのように対応していけば良いかが丁寧に書かれている。最終的には経営参謀にということであるが、それに至るまでの業務の獲得方法やマーケティング、人事面についても書かれているので、士業の事務所の経営者には特に参考になるのではと感じた。

|

はじめて「資金繰りに悩む社長」を担当したときに読む本

「はじめて「資金繰りに悩む社長」を担当したときに読む本 「経営改善計画」の活用による業績改善コンサルティングの実践手法」 藤井正徳 / セルバ出版

先日、SNSの知り合いが紹介されていたことで本書を知り、早速購入してみた。まさにタイトル通りの内容で、個人的にもタイムリーでとても参考になった。

|

続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

「続・僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう (文春新書) Kindle版」 池田理代子、平田オリザ、彬子女王、大隅良典、永田和宏 / 文藝春秋

今日のKindleストアの日替わりセールで扱われている本を確認するのが日課となっているが(^^)、今日の1冊である「僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう」は以前に読んでいたが、その続編が出ていることに気がつき早速読んでみた。京都産業大学の講演・対談シリーズ「マイ・チャレンジ 一歩踏み出せば、何かが始まる!」の第二弾で、講演とその後の対談を記録した内容となっている。池田理代子氏だけ他の人とパターンが異なり、「ベルサイユのばら」で漫画家としてで名声を確立した後、もう一つの人生を選択したという異色の経歴で、「人生、遅すぎると言うことはない」は自分にはぐっときた。

|

「糖質過剰」症候群

「「糖質過剰」症候群~あらゆる病に共通する原因~ (光文社新書) Kindle版」 清水泰行 / 光文社

しばらく前のKindleストアの日替わりセールで399円で販売されていた電子書籍である。最近は読むペースよりもとりあえず買ってみるペースの方が速いので読むのが追いつかないでいるが(^^;、隙間時間を見つけてさっと目を通してみた。ご飯は半膳にする、甘いお菓子類は少しだけ、ビールは糖質ゼロといったプチ糖質制限を継続している私であるが、本書では糖質過剰の怖さを医学的なエビデンスを元に解説しており説得力がある。

|

むずかしすぎる コウペンちゃんまちがいさがし

「むずかしすぎる コウペンちゃんまちがいさがし Kindle版」 コウペンちゃんまちがいさがし制作委員会 / 日本文芸社

今日のKindleストアの日替わりセールで399円で販売されている電子書籍である。間違い探しの絵本であるが、絵がかわいい割に間違いが見つけにくく、癒やされるよりストレスたまる方が多いかも(^^;。ヒントが書かれていてもなかなか気がつかない。ところでこれは出来るだけ大きな画面でみた方が良い。スマホではまず無理。

|

音楽はどこへ消えたか?

「音楽はどこへ消えたか? 2019改正著作権法で見えたJASRACと音楽教室問題 Kindle版」 城所岩生 / みらいパブリッシング

今日のKindleストアの日替わりセールで399円で販売されている電子書籍である。日本の著作権の現状と課題について書かれている。音楽教室で習う子供が曲を演奏する場合も著作権が発生するのかという音楽教室問題を始めとして、日本の著作権の問題点をQ&A形式で分かりやすく説明している。そういえば確かに喫茶店等で音楽を耳にすることはほぼ無くなってしまったなあ。

|

日本の論点2020~21

「日本の論点2020~21」 大前研一 / プレジデント社

毎年この時期になると出版される大前研一氏の「日本の論点」シリーズの最新刊である。日本経済新聞社の日本の論点シリーズが客観的なデータを元に論じていたのに対して、こちらは大前氏の主観を元に論じているのが特徴となっていて、それが読んでいて面白い点でもある。

|

今すぐできる!尿酸値を下げる40のルール

「健康図解 今すぐできる!尿酸値を下げる40のルール Kindle版」 谷口敦夫 / 学研プラス

一昨日のKindleストアの日替わりセールで399円で販売されていた電子書籍である。私自身は尿酸値が高い訳では無いが、痛風はビール大好き人間としては気になる病気なので、興味を持って読んでみた。ところで本書は固定レイアウトのためブックマーク機能が使えないが、気になるページがあってもマーキングできないのはKindle書籍の大いなる欠点だと思う。

|

これからの日本の論点2020

「これからの日本の論点2020 日経大予測 Kindle版」 日本経済新聞社

日本経済新聞の編集委員などベテラン専門記者22名が、日本を取り巻く環境変化や経済情勢について22の論点で今後を予測した内容となっている。突飛な内容はないものの、データを元に現在の状況と将来予測がコンパクトに整理されている。

|

売上を、減らそう。

「売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放 Kindle版」 中村朱美 / ライツ社

以前にテレビ東京のガイアの夜明けで取り上げられたことで記憶に残っていたため、仕組みに興味を持って本書を読んでみた。ガイアの夜明けでは残業ゼロなのに年収600万円の幸せ食堂と紹介された佰食屋であるが、なぜ1日百食限定なのか、またダイバーシティ経営企業としても表彰されたその取り組み内容などが詳しく書かれている。どの業態にも合うビジネスモデルでは無いものの、人の面での取り組みは多くの飲食店にとって参考になるのではと思う。

|

より以前の記事一覧